城田優、川栄李奈を“壊しちゃうんじゃないか”と思った 身長差38センチの対決

城田優、川栄李奈を“壊しちゃうんじゃないか”と思った 身長差38センチの対決

映画『亜人』城田優、川栄李奈インタビュー クランクイン!

 佐藤健と綾野剛が熾烈な闘いを繰り広げる映画『亜人』。不死身の肉体を持つ亜人たちが、特殊能力「IBM」を駆使してぶつかり合うエンドレスバトルの実写化が話題を呼んでいる。今回は、同映画で対峙する城田優と川栄李奈の二人が、38センチの身長差を活かした迫力満点のバトルシーンの舞台裏を語ってくれた。

 本作は、桜井画門の同名漫画が原作のアクション映画。自分が“亜人”だと知った永井圭(佐藤)が、生き延びる道を模索しながら、亜人のテログループに立ち向かう様を描く。川栄は亜人管理委員会トップの戸崎優の秘書兼ボディーガードである下村泉に、城田は国内2例目の亜人・田中に扮する。

 並ぶとまるで優しいお兄ちゃんと可愛い妹の絵面になってしまう二人は、過去にお互いの主演舞台を観に行ったと明かし、共演を「楽しみにしていた」と口を揃える。そして、本作について川栄が「最初から最後までアクションシーンが多くて、スピード感がすごい作品」と言えば、城田も「テンポが良くて、疾走感がある。あっという間に終わる映画」と評価した。

 城田演じる田中は、人間に憎悪を抱く亜人。「何年間も人体実験を受けたことに対する恨みを抱いているけど、同時に無関係な人間に害を及ぼすことに抵抗感もある、魅力的な人物。登場シーンが短いですが『佐藤の手下に成り下がったらもったいない』と監督に相談して、けっこうセリフやシーンごとの立ち位置を変えてもらったりしてます」と明かした。

 152センチの川栄と190センチの城田の身長差は、実に38センチ。城田は対決シーンを振り返って「“壊しちゃうんじゃないか”という怖さがありました。こちらは体もデカいし、力も強い。でもやるからには本気でやりたい。が、相手は女の子でこんなに小さくて可愛らしい。大変でしたよ(笑)。稽古の時から、何回か本当に(パンチや蹴りが)入っちゃったりして『ゴメンゴメン…!』ってなりました」と当時の心配を吐露。

 一方、川栄は「大っきいので安心感があった」と言い、「この並びを見ると(自分が)100%負ける。それをどうしたらいいのかなという不安はあったけど、背中に乗ったり私だからこそできる技を取り入れてくれて良かったです」と話した。

 そんなアクションシーンの撮影は過酷を極め、城田は「2日間、朝から夜中までボロボロで後半記憶ない。酸欠になりながらやった」と笑うも、アクションチームの取り組みを称賛。「撮影入りする前から彼らが撮ったビデオが用意されていて、カット割りされて音楽までついてる。練習段階から頭にイメージが出来て、今までで一番やりやすかったし楽しかったです」と満足感を示した。映像作品でのアクションが初だという川栄も「恵まれてました」と同調し、躍動感あふれる動きを披露する際に着ていたビジネススーツは「ゴム製の伸びる素材だったんです」と秘密を明かしてくれた。

 完成披露試写会では綾野と佐藤の食事制限が話題になったが、城田も肉体作りに励んで「7、8キロ落とした」という。「主演の二人には同じ志とか役に対するストイックさ、責任感、物語全体をより良くしたいという意思を感じて、僕もそこへ乗っかっていた感じがあります。いい緊張感のある現場でした」と語り、「刺激を与え合える良き仲間です」と信頼感を口に。川栄とも、撮影の苦労をともに乗り越えた戦友の絆を感じさせ、終始笑い合っていた。(取材・文・写真:桜井恒二)

 『亜人』は、9月30日より全国ロードショー。

関連記事(外部サイト)