ベン・アフレック、ガル・ガドットらが自ら解説 『ジャスティス・リーグ』特別映像

ベン・アフレック、ガル・ガドットらが自ら解説 『ジャスティス・リーグ』特別映像

豪華キャストが解説『ジャスティス・リーグ』特別映像解禁(C)2017 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND RATPAC‐DUNE ENTERTAINMENT LLC

 DCコミックスの人気ヒーローたちが集結する映画『ジャスティス・リーグ』のスペシャルグリーティング映像が解禁。ベン・アフレック、ガル・ガドット、エズラ・ミラー、ジェイソン・モモア、レイ・フィッシャーらキャスト陣それぞれが、各役柄のスーパーヒーローたちを解説するという豪華な内容となっている。

 映画『ジャスティス・リーグ』は、バットマン、ワンダーウーマン、フラッシュ、アクアマン、サイボーグら、たった一人で世界を多くの危機から救ってきたスーパーヒーローたちが一堂に会するSFアクション。DCコミックスのヒーローたちが最強の超人チーム“ジャスティス・リーグ”を結成し、強大な力を持つ巨悪の侵略から地球を救うため立ち向かう。

 地球上で最強の女戦士“ワンダーウーマン”を演じるガル・ガドットの「日本の皆さん こんにちは!」という挨拶から始まる1分間の映像は、本編映像を交えながら、テーブルに座った豪華キャスト陣がそれぞれのキャラクターを解説するという構成に。

 正義と信念を貫く孤高のヒーロー“バットマン”を演じるベン・アフレックは、自身の演じたバットマンがヒーローたちを説得していく物語について語り、時空を超えるほどの超高速移動のパワーを持つ“フラッシュ”を演じるエズラ・ミラーは“世界最速”という能力に興奮気味。

 さらに、水中で荒々しく猛る海の王“アクアマン”役のジェイソン・モモアが風貌に似合わない悩みを打ち明け、世界中のあらゆるデータに接続できる“サイボーグ”役の例・フィッシャーが自分自身が”デジタルデバイス”であることを打ち明けるなど、キャスト陣それぞれのスーパーヒーローの顔と素の表情の両面が楽しめる貴重な映像となっている。

 映画『ジャスティス・リーグ』は、11月23日より全国ロードショー。

関連記事(外部サイト)