生田斗真、広瀬すず史上「最っ強にかわいい映画」 “男子”に覚悟するよう注意喚起?

生田斗真、広瀬すず史上「最っ強にかわいい映画」 “男子”に覚悟するよう注意喚起?

生田斗真、広瀬すず史上「最っ強にかわいい映画」 クランクイン!

 生田斗真と広瀬すずが26日、都内で開催された映画『先生!、、、好きになってもいいですか?』の完成披露イベントに、共演の竜星涼、森川葵、健太郎、中村倫也、比嘉愛未、そしてメガホンを取った三木孝浩監督とともに出席。生田は「広瀬すず史上、最っ強にかわいい映画ができたと思っています」と自信をのぞかせた。

 別冊マーガレット(集英社)で長期連載された、河原和音によるコミックを基にする本作は、ぶっきらぼうながら生徒思いの教師・伊藤(生田)と、伊藤に想いを寄せる純粋な女子高生・響(広瀬)が織りなす恋模様を描く。

 生田は「広瀬すず史上、最っ強にかわいい映画ができたと思っています。これはきっと恐らく、数年更新されることはないでしょう。世の男子諸君、覚悟して映画館に来るように」とニッコリ。一方の広瀬も「本当に、伊藤先生がかっこいいです!伊藤先生がいてくださったから、響をまっすぐに生きれたなと思います」と生田を絶賛した。

 同じく三木監督が手掛けた『僕等がいた』以来、ラブストーリーに挑戦した生田は「すずちゃんの初めてのラブストーリーにふさわしい男でいたいなと思って、伊藤先生を一生懸命演じさせていただきました」とコメント。広瀬も「生田さんと三木監督の信頼関係が、すごく、『あ、私もこの二人についていこう』と思える現場だったので、すごく楽しく演じさせていただけました」と笑顔を見せた。

 お互いの初対面に話が及ぶと、生田は「お互い別の作品を撮っていて、僕が某・金髪の潜入捜査官をやっていて、(広瀬を指しながら)某チアリーディングをやっているときに、たまたまスタジオでばったり一緒で。その時に初めてお会いした」と述懐。続けて「僕、衣装さんに借りてた、もこもこのルームウェアを。金髪でオールバックにしているのに、もこもこのやつ着て(笑)、初めましてみたいな。ちょっと恥ずかしい出会いだったかも」とも明かして会場を沸かせた。

 映画『先生!、、、好きになってもいいですか?』は10月28日公開。

関連記事(外部サイト)