フォーブス誌「テレビ界で最も稼いだ女優」発表! ソフィア・ベルガラが6年連続で1位

フォーブス誌「テレビ界で最も稼いだ女優」発表! ソフィア・ベルガラが6年連続で1位

フォーブス誌「テレビ界で最も稼いだ女優」、ソフィア・ベルガラが6年連続で1位(C)AFLO

 米経済誌Forbesが毎年恒例の「テレビ界で最も稼いだ女優」2017年版を発表。『モダン・ファミリー』のグロリア役で知られるソフィア・ベルガラが、前回よりも150万ドル下がったものの、推定4150万ドル(約46億7100万円)で6年連続1位になった。

 2016年6月2日から2017年6月1日までが対象期間になっているという同ランキング。ソフィアの場合、『モダン・ファミリー』出演のギャラは全体の収入の4分の1程度で、残りは広告や自身が経営するマネージメントエージェンシーからの収入などが多いらしい。

 今回トップ10入りした10名のうち、昨年も10位内に入っていた女優は8名で、トップ5にエントリーしたのも昨年と同じメンバーだった。2位のケイリー・クオコは、『ビッグバン★セオリー ギークなボクらの恋愛法則』の出演料が1話100万ドル(約1億1200万円)で、推定年収もほとんどがドラマの出演料だという。

 新たにトップ10入りを果たした女優は、9位のロビン・ライトと10位のポーリー・ペレット。ロビンは、活躍の場は映画のイメージが近いが、ドラマ『ハウス・オブ・カード 野望の階段』出演し、惜しくも受賞は逃しているが、2013年から5年連続でエミー賞のドラマ部門主演女優賞にノミネートされている。ポーリーは、テレビ俳優長者番付常連のマーク・ハーモンが出演する『NCIS 〜ネイビー犯罪捜査班』にシーズン1からレギュラー出演する。

 米Forbes誌発表「2017年にテレビ界で最も稼いだ女優」トップ10は以下の通り。
1位 ソフィア・ベルガラ 4150万ドル(約46億7100万円)
2位 ケイリー・クオコ 2600万ドル(約29億2700万円)
3位 ミンディ・カリング 1300万ドル(約14億6300万円)
3位 エレン・ポンピオ 1300万ドル(約14億6300万円)
5位 マリスカ・ハージティ 1250万ドル(約14億700万円)
6位 ジュリー・ボーウェン 1200万ドル(約13億5100万円)
7位 ケリー・ワシントン 1100万ドル(約12億3800万円)
8位 プリヤンカー・チョープラ 1000万ドル(約11億2500万円)
9位 ロビン・ライト 900万ドル(約10億1300万円)
10位 ポーリー・ペレット 850万ドル(約9億5600円)

関連記事(外部サイト)