山崎賢人、『斉木楠雄のΨ難』“ボケ”だらけの撮影振り返る「こらえるのが難しかった」

山崎賢人、『斉木楠雄のΨ難』“ボケ”だらけの撮影振り返る「こらえるのが難しかった」

橋本環奈、山崎賢人、『斉木楠雄のΨ難』完成披露試写会舞台挨拶に登壇 クランクイン!

 俳優の山崎賢人が28日、福田雄一監督がメガホンをとる実写映画『斉木楠雄のΨ難(さいきくすおのさいなん)』の完成披露試写会に登場。福田組(=キャスト陣)が陽気なトークを繰り広げる中、山崎は笑いまじりの撮影を振り返って「こらえるのが難しかった」と明かした。

 本作は、「週刊少年ジャンプ」(集英社))で連載中の同名漫画を原作とする学園コメディ。生まれながらにして数多くの超能力を操る高校生・斉木楠雄が、ワケありのクラスメイトたちに絡まれ、災難に巻き込まれていく様を描く。

 主人公・斉木を演じる山崎はコメディー初挑戦。本作を「悪い人が一人も出てこない、本当にハッピーで楽しい映画。(観て)幸せになると思う」と評し、「僕は心の中でツッコんでいる設定。皆さんのボケを耐えるのが、笑いをこらえるのが難しかった」と回想した。撮影時は、つい笑ってNGを出したという。

 橋本は、自身が演じた照橋心美を「すごいキャラ。自分のことが宇宙一カワイイと思ってる、ちょっとひねくれた子」と分析。自分の可愛さはどうか問われて「私なんか全然……」と謙遜するも、客席から「カワイイー!」と黄色い歓声を浴び、さらに福田監督らにもイジられて照れ笑いを浮かべていた。

 エロ校長・神田品助役の佐藤二朗は「撮影が6分で終わった」と告白。そのため『DEATH NOTE デスノート』(日本テレビ系)と連続テレビ小説『まれ』(NHK)で共演経験がある山崎と「会えなかった」と述懐した。

 佐藤のトークは続き、映画の話から脱線。『まれ』で山崎の息子を演じた子役(小山春朋)が佐藤に似ているという評判が、山崎から福田監督に伝わり、同子役が『勇者ヨシヒコ』(テレビ東京系)で佐藤演じる「仏」の息子役に抜擢されたという逸話を披露。「キャスティング、賢人だよね!」と声が上げていた。

 今回のイベントには山崎や橋本、佐藤のほか、新井浩文、吉沢亮、笠原秀幸、賀来賢人、ムロツヨシ、内田有紀、福田雄一監督が出席した。
 
 映画『斉木楠雄のΨ難』は、10月21日より全国ロードショー。

関連記事(外部サイト)