佐藤健、「『亜人』公開中は写真撮影を頼まれても断らない」宣言に場内騒然!

佐藤健、「『亜人』公開中は写真撮影を頼まれても断らない」宣言に場内騒然!

映画『亜人』初日舞台挨拶に出席した佐藤健 クランクイン!

 俳優の佐藤健が30日、都内で行われた映画『亜人』初日舞台挨拶に綾野剛、玉山鉄二、城田優、千葉雄大、川栄李奈、浜辺美波、本広克行監督とともに登壇した。佐藤は「絶対に死なない亜人」という本作の設定にちなんで「私は今後、絶対に○○しない」というお題が出されると「『亜人』が公開中は、写真撮影を頼まれても絶対に断りません」と宣誓し、場内を沸かせた。

 本作は、桜井画門の人気コミックを、『踊る大捜査線』シリーズの本広克行監督が実写映画化。交通事故によって、命を繰り返す“亜人”という新人類であることが判明した研修医の永井圭(佐藤健)が、同じ亜人で国家転覆をもくろむ佐藤(綾野剛)との、エンドレスな戦いに巻き込まれていく姿を描いたアクションエンターテインメント。

 佐藤の宣言に城田は「そんなこと宣言して大丈夫かよ」と心配顔を見せたが、佐藤は「その代わり、写真を撮った人は絶対に映画を観てください」と、あくまで作品のPRのためにがんばることを宣言。綾野も「撮影や仕事中とかはちょっとね」とフォローを入れつつも「飲んでるときとかでもちゃんと撮るの?」と逆に突っ込みを入れていた。

 またこの日は、登壇者が劇中の綾野の肉体を話題にすることもしばしば。千葉が「綾野さんの肉体がすごい。(見えそうで見えない)絶妙なアングルでどうやって撮っているのか知りたい」と語ると、綾野は「普通だと肌色のパンツとかを履くんだけれど、アングルが限定されるのが嫌なので、全部脱ぎました」と衝撃発言。すると川栄は「綾野さんと佐藤健さんの裸が1800円で観られるんですよ」と会場を煽ると「私は10回ぐらいみたいです」と発言し、多くの女性ファンの賛同を集めていた。

 佐藤は「エンタメの限界に挑戦した映画です。理屈ぬきで体感してほしいです」と作品の見どころを熱く語ると「この映画は特殊な上映もあり、MX4D版では、綾野さんが脱ぐシーンはバラの香りがするそうなんです」と宣伝。最後まで“裸推し”の舞台挨拶となった。

関連記事(外部サイト)