平野紫耀&平祐奈、“平平コンビ”でミニコント披露? 『honey』撮影現場に潜入

平野紫耀&平祐奈、“平平コンビ”でミニコント披露? 『honey』撮影現場に潜入

平祐奈、『honey』撮影現場インタビュー クランクイン!

 平野紫耀(Mr.KING/ジャニーズJr.)が映画初主演を務め、平祐奈と共演することで話題の映画『honey』。本作の撮影現場取材会が神奈川県内で行われ、平野と平がインタビューに応じた。本作でラブシーンにも初挑戦することを明かした平野は、「けっこう難易度の高いシーンを演じるんです」と語った。

 「別冊マーガレット」(集英社)にて連載された目黒あむによる同名漫画を実写化した本作は、一見すると不良ながら心優しい赤髪の高校生・鬼瀬大雅(平野)と、ビビりでヘタレな女子高生・小暮奈緒(平野)が織りなす恋模様を描く。「かわいらしくて、ピュアで、いざというときはカッコイイ」と役柄を評す平野によれば、劇中最大の見どころは、取材当日はまだ撮影されていなかった原作でも名シーンの「図書館のシーン」だそう。自身初のラブシーンに挑むため、「失敗しないか心配です」と苦笑した平野は、「大雅くん、初めての割にはけっこう難易度の高いラブシーンをするんですよ!やり手だなと思いながら(笑)、画がきれいに見えるように頑張りたいと思っています」と意気込みを語る。

 原作通りに再現しようと意識しているのは、「大雅の目つき」とのことだが、「眉間が釣りそうになるんです。プルプルし始めるっていうか。あと僕はドライアイなので、睨んでて曇ってきちゃったりする(笑)」と予期せぬ苦労を告白。原作からアレンジしている部分については、「漫画ではあんまり子供っぽくないというか、ちょっとクール」と前置きしたうえで、「子供っぽいしゃべり方とか、テンパった時の子供感は出せたらなと思って演じています」と明かした。

 一方、平は「全部表情がかわいいので、私で大丈夫かなって不安になりました」とオファー当時の心境を述懐。だが、平野との共演は大いに楽しんでいるようで、「どんどん天然っていうことが明かされていって(笑)、毎回毎回笑いを起こしてくれるので、見ていてすごく面白いし、和ませてくれています。自分のお姉ちゃんの男バージョンを見ている感じ(笑)」とにっこり。自身の役柄も天然であることを明かし、「良い人はという意味で、『鬼瀬ってクサいよね』と言われるシーンで、『いや、体臭はそんなに…』って言ったり(笑)。そういう台詞の言い方も、奈緒ちゃんらしくフワフワした感じで言わなきゃなと気をつけてます」と原作のイメージを損なわないよう演技していることを語った。

 取材当日に撮影されたのは、奈緒が学校の中庭で大雅と一緒にお弁当を食べるシーンや、交際相手によって暴力を振るわれた矢代かよ(水谷果穂)を、奈緒や大雅、そして大雅の友人である三咲(横浜流星)が屋上で心配するシーンなどだった。記者陣の前で「平平コンビ」としてミニコントも披露するなど、抜群のコンビネーションを見せた平野と平。2人の恋模様のほか、平野が見どころとしてアピールした図書館のシーンなども注目だ。(取材・文・写真:岸豊)

 『honey』は2018年3月31日より全国公開。

関連記事(外部サイト)