ディーン・フジオカ、共演・山田涼介の美貌を称賛「ずっと見ていたい」

ディーン・フジオカ、共演・山田涼介の美貌を称賛「ずっと見ていたい」

映画『鋼の錬金術師』の完成報告会見に出席したディーン・フジオカ クランクイン!

 Hey!Say!JUMPの山田涼介が3日、都内にて行われた主演映画『鋼の錬金術師』の完成報告会見に共演の本田翼、ディーン・フジオカ、松雪泰子、曽利文彦監督と出席。山田は本作の出来に「自分で言うのもなんですが、日本映画からとんでもない作品が生まれたなと思います」と自信を見せた。

 シリーズ全世界累計7000万部超の大ベストセラー漫画を基にする本作は、母を蘇らせるために行った禁断の錬金術によって肉体を失ってしまったエドワード&アルフォンス・エルリック兄弟が、肉体を取り戻すために歩む冒険、そして立ちはだかる敵と繰り広げる戦いを描いたファンタジー大作。

 完成した作品を観た山田は映像表現の素晴らしさに「すごいものを観ちゃったなという感覚。初めてハリーポッターを観た時のような衝撃で、これが日本でできるんだと…」とその驚愕ぶりを語ると、マスタング大佐役のディーンは兄弟の物語としてのストーリーの素晴らしさをアピール。「自己犠牲の精神というか、その思いがすごく伝わってきて、心に残りました」と語る。

 今回ディーンと初共演した山田は、「すげぇカッコいいんですよ、横に並ぶのがキツイです」と苦笑いしながら、「すごく刺激をもらえました。プライベートな話も聞いたけど、僕が経験したことがないエピソードばかりで…」と惚れ込んだ様子。対してディーンも「山田くんの顔ってずっと見ていたいなと思える」とその美貌を褒めていた。

 そんな山田に「また背が縮んだ?」などと軽口を叩いていたというウィンリィ役の本田翼。「本番前にそんなこという女優はいませんよ」と苦笑いする山田は「二人のやりとりはウィンリィとエドと同じだった。幼馴染の関係性がぴったり」と振り返る。「(本田も自分も)同じ原作ファンだし、翼ちゃんはウィンリィと同じくサバサバしてる。ウィンリィがどういう感じの芝居でくるのかと思っていたらばっちりイメージ通りだった」と語った。

 映画『鋼の錬金術師』は12月1日より全国公開。

関連記事(外部サイト)