世界が注目する女優スン・リー、中国No.1ヒット主演作『ミーユエ』を語る

世界が注目する女優スン・リー、中国No.1ヒット主演作『ミーユエ』を語る

『ミーユエ 王朝を照らす月』主演のスン・リーにインタビュー(C)東陽市花児影視文化有限公司 企画協力:NHKエンタープライズ

 大ヒット作『宮廷の諍い女』のスタッフが再結集し、2016年中国ドラマ視聴率No.1を記録した『ミーユエ 王朝を照らす月』。中国史上初の女性政治家として波乱に満ちた人生を歩んだ主人公・ミーユエを凛々しい美しさで熱演したスン・リーが、本作に込めた思い、撮影での裏話などを真摯に語った。

 本作は、中国統一を初めて成し遂げた秦の始皇帝の高祖母<宣太后>をモデルに、彼女の生涯を、総製作費58億円を投じて映像化した歴史大作。王の血を引きながらも庶子として生まれた後の宣太后・ミーユエ(スン・リー)が、嫉妬と野望、嘘と欺瞞がうごめく女同士の熾烈な戦場“後宮”で、数々の修羅場をくぐり抜けながら、最高権力の座へと上りつめ、天下統一の礎を築いていく姿を壮大に描く。

 主演を演じたスン・リーは、高い演技力とエキゾチックな美貌が魅力で、今や中国の理想の女性像にもなっているトップ女優。デビュー間もない2004年、サントリー烏龍茶のCMに出演、カンフーをする凛々しく爽やかな姿が話題を呼び、日本でも注目されると、ドラマ『宮廷の諍い女』の主演に抜擢されブレイク!推定年収は、なんと11億円で、中国女優年収ランキングでファン・ビンビンに次ぐ2位を獲得している。

 自身が主演したドラマ『宮廷の諍い女』と同じスタッフが再結集した本作についてスンは、「前作での経験もあり、今回は監督の指示や現場での要求をすぐに咀嚼することができました。事前にしっかり準備もできたので、撮影では平常心を保つことができました」と述懐。「『諍い女』は六宮の女性の物語でしたが、今回は無邪気な女の子が一人の政治家へと成長する物語。『諍い女』で演じたシン・ケイが管理職だとすれば、ミーユエはCEO、スケールがさらに大きくなった感じです」。

 “会社のCEO”をイメージしながらミーユエを演じたと語るスンは、「例えば、CEOはスタッフの出勤や遅刻なんて気にしないですよね?それは経理の仕事だから。ミーユエも、小さなことは一切気にしない。演じているうちに、私も心が広くなった気がします」とニッコリ。さらに、「彼女は一般女性ではなく、さまざまな試練や苦難を乗り越えながら、成長を遂げていく女性政治家。演じるのはとても難しかったですが、やりがいのあるキャラクターでした」と語る。

 役にのめり込んでしまうタイプのスンは、「私の場合、どんな役を演じても、その性格や考え方、態度など、多少自分の中に残ることがあるのですが、ミーユエの“吃軟不吃硬”(中国の言い回しで、下手に出られると受け入れるが、強く出られると反発する)な性格も、無意識のうちに影響しているかもしれません」と明かしてくれた。

 また、時代劇に出演する際に、特に気をつけていることは?と質問すると、「時代劇はリズム、情緒、姿勢、眼差しなど、すべてを重んじなければなりません。『諍い女』の時はまだその感覚を捉えられず、どう演じれば良いのか分かりませんでした」と語り、続けて「毎日現場で時代劇の経験が豊富なキャストの方々の演技を観察し、自分の演技を他の人と見比べ研究しました。おかげで今回の撮影では、他のキャストさんよりも早く演技に入り込めたと思います」と撮影時を振り返った。

 ミーユエを完璧に演じ切り、上海テレビ祭マグノリア賞の主演女優賞をはじめ数々の賞に輝いたスンだが、“泣くシーン”で少し頭を悩ませた撮影があったという。「あるシーンの撮影するとき、“ユエは胸が張り裂けるほど号泣する”と台本に書いてあったのですが、私は監督に、『泣かなくても良いですか?人は悲しみが極限に達すると涙が出ないものだと思うので…』と相談しました。すると監督は『いいよ、自分で表現して』と言ってくれたのですが、結局は、思わず涙を流してしまいました。胸が張り裂けるような号泣とまではいかなかったですが」と撮影時のエピソードを披露。ミーユエとスンの心がシンクロした“泣くシーン”に注目だ。

 最後に「日本の視聴者に、ミーユエを好きになってもらえる事を願っています」と笑顔でメッセージを送り締めくくった。

 『ミーユエ 王朝を照らす月』のDVDは本日よりレンタル&発売開始。

関連記事(外部サイト)