菅田将暉『あゝ、荒野』、後篇ポスター&主演2人の素顔が見える特別映像公開

菅田将暉『あゝ、荒野』、後篇ポスター&主演2人の素顔が見える特別映像公開

『あゝ、荒野』後篇ポスター(C)2017『あゝ、荒野』フィルムパートナーズ

 寺山修司が唯一遺した傑作小説を、岸善幸のメガホンで実写化した前後篇2部作となる映画『あゝ、荒野』の後篇ポスタービジュアルと、特別映像が解禁された。ダブル主演を務める菅田将暉と韓国映画界の名優ヤン・イクチュンが、2人だけで撮影し合ったという特別映像には、新次(菅田)とバリカン(ヤン)の日常を垣間見ているような、仲のいい2人の姿が収められている。

 本作は、兄のように慕う劉輝と自らを襲撃した相手への復讐を誓う新次、赤面対人恐怖症に悩む“バリカン”こと建二の2人が、それぞれの思いを胸にボクシングに挑む姿を描く。2021年の新宿で、ひょんなことから“片目”こと堀口(ユースケ・サンタマリア)のボクシングジムへと誘われた2人は、それぞれの目的のためリングを目指す。

 解禁となった後篇ポスターの中央では、新次とバリカンが鍛え上げられた肉体で、互いだけを見つめ合いリング上で対峙。添えられた「振り向くな、後ろには夢がない。」という言葉は寺山ならではの一節で、闘うことでしかつながることのできない2人の決闘、魂の叫びを想起させるビジュアルとなっている。

 また、特別映像はさながら映画のアナザーストーリーのような雰囲気を伝える。監督もカメラも現場に入らず、菅田とヤンのみで撮影し合ったというが、ジムのリングでスパーリングする様子やトレーニング中の食事風景、さらにトレーナー・堀口の部屋に忍び込み女性からもらった花束に湧き立つ2人の姿や、「兄貴!」と連呼する新次に笑顔で応えるバリカンの様子など、それぞれの素に近い表情が楽しめる仕上がりとなっている。

 映画『あゝ、荒野』前篇は10月7日から、後篇は10月21日から、新宿ピカデリー他で公開。

関連記事(外部サイト)