『バリー・シール』、トム・クルーズ&ダグ・リーマン監督インタビュー映像が到着

『バリー・シール』、トム・クルーズ&ダグ・リーマン監督インタビュー映像が到着

映画『バリー・シール/アメリカをはめた男』(c)Universal Pictures

 10月21日に日本公開を迎える映画『バリー・シール/アメリカをはめた男』より、主演を務めたトム・クルーズと、メガホンを取ったダグ・リーマン監督のインタビュー映像が到着。トムは自身が演じたバリー・シールについて「バリーは人生を“冒険”と捉えた。そういう性格だったんだ」と語っている。

 天才的な操縦スキルを高く買われたことをきっかけにCIAをはじめ、麻薬王、ホワイトハウスを相手に武器と麻薬の密輸ビジネスを繰り広げ、巨額の金を荒稼ぎした実在の男=バリー・シールの波乱万丈な人生を描く本作。キャストには、ドーナル・グリーソン、サラ・ライトらも名を連ねている。

 映像では、トム演じるバリーが、どこか憎めない独特なキャラクターを見せつつ、見事な仕事ぶりであっという間に出世街道を駆け上がったかと思えば、両手に手錠をかけられ、FBIやDEA(麻薬取締局)、ATF(アルコール・タバコ・火器及び爆発物取締局)といった警察機関に連行され、さらに麻薬王には殺されそうになるなど、壮絶な場面の数々が映し出されていく。

 リーマン監督は、CIAの仕事をこなす傍ら、麻薬王のビジネスも引き受けるようになっていくバリーの姿について「彼は好機を掴んだ。彼は政府や麻薬組織もうまく利用したんだ。人生を最大限に充実させた男だ」と感心した様子でコメント。一方、バリーの人生に衝撃を受け、映画の制作を熱望したというトムは「バリーは人生を“冒険”と捉えた。そういう性格だったんだ。バリーに会う人は皆、彼を気に入ったんだよ」とバリーの内なる魅力について熱弁。映像の最後には「すべてがぶっ飛んでる! イカれた物語だ!」という力強い言葉も確認できる。

 映画『バリー・シール/アメリカをはめた男』は10月21日公開。

関連記事(外部サイト)