溝端淳平、若手官僚役に初挑戦 草刈正雄主演『オペレーションZ』出演

溝端淳平、若手官僚役に初挑戦 草刈正雄主演『オペレーションZ』出演

『連続ドラマW オペレーションZ〜日本破滅、待ったなし〜』での溝端淳平ビジュアル(C)WOWOW

俳優・草刈正雄が主演し、『ハゲタカ』シリーズの作家・真山仁の小説のドラマ化となる『連続ドラマW オペレーションZ 〜日本破滅、待ったなし〜』(WOWOWプライム/毎週日曜22時)に、俳優の溝端淳平が出演することが決定した。溝端は江島総理(草刈)に特命プロジェクトの主要メンバーとして召集された財務省の若手官僚・周防篤志役を演じる。溝端が官僚役を演じるのは初めて。

 本作は、1000兆円もの財政赤字を抱え、国家破綻の危機に直面している日本をいかに救うかをテーマとした政治経済エンターテインメント。主演の草刈が、強い信念を持って国を危機から救おうと奮闘する猪突猛進な内閣総理大臣を演じる。

 日本の財政は火の車で、国の借金は1000兆円を超える中、時の総理大臣・江島隆盛(草刈)は、周防篤志(溝端)ら財務省のエリート4人を集め、「日本の未来のために、一般会計の歳出を半分にする」と宣言。特命プロジェクト「オペレーションZ」をひそかに立ち上げる。あまりに大胆な提案に、各方面から反対されるのは間違いないが、今、そちらにかじを切らないと日本のデフォルトが現実となってしまう。江島は日本を再生させるべく、果たして破滅へのカウントダウンを止めることができるのか!? 非常識で野蛮な改革が、今始まる―。

 「自分も30代に入り、今までにない新しい挑戦の場を与えて頂けたことに感謝し、二つ返事でお受け致しました」と今回のオファーを振り返る溝端は、「シニカルな部分も含め、非常に見応えのある作品になるよう尽力したいです。2020年東京五輪で盛り上がってる今だからこそやる意義があると思います。草刈さんをはじめとする諸先輩方、名優さんたちに胸を借りながら飛び込んで行きたいと思います」とコメントした。

 『連続ドラマW オペレーションZ 〜日本破滅、待ったなし〜』はWOWOWプライムにて3月15日より毎週日曜22時放送(全6話)。

関連記事(外部サイト)