【映画ランキング】『劇場版 Fate/stay night』、動員24万人超で初登場1位!

【映画ランキング】『劇場版 Fate/stay night』、動員24万人超で初登場1位!

10月14日〜10月15日全国映画動員ランキング1位:『劇場版Fate/stay night[Heaven’s Feel]T.presage flower』(C)TYPE‐MOON・ufotable・FSNPC

 10月14〜15日の全国動員ランキングが興行通信社より発表され、人気PCゲーム『Fate/stay night』を3部作の劇場版としてアニメ化した『劇場版 Fate/stay night [Heaven’s Feel]I.presage flower』が初週土日動員24万8000人、興収4億1300万円を挙げ、初登場1位に輝いた。来場者特典として特製ポストカードのプレゼントや、劇場内でゲームアプリを起動すると1〜4週目までで週替わりで来場者特典がダウンロードされるなど、劇場に足を運ばせる企画が盛りだくさんで、スクリーンアベレージも300万円を超える稼働をみせた。

 2位も初登場の『猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)』が、初週土日動員14万9000人、興収2億200万円を挙げランクイン。SF映画の傑作『猿の惑星』をリブートした3部作の第3弾で、前作『猿の惑星:新世紀(ライジング)』(最終興収14.2億円)が、初週土日動員14万9000人、興収2億1100万円。ほぼ同じ数字をあげており、こちらも15億円ぐらいが当面の目標か。

 3〜7位は、先週の1〜5位がそのまま順位を下げたが、5位の『亜人』は累計興収が10億円を突破した。そして8位には、初登場の『宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち/第三章「純愛篇」』が初登場でランクイン。全国25館という小規模公開ながら、相変わらずの高いスクリーンアベレージでコンテンツの強さを見せつけた。また、マンガアプリ「マンガボックス」で連載されて人気を博したコミックを実写映画化した『恋と嘘』が10位に初登場と健闘をみせた。

 10月14日〜10月15日全国映画動員ランキングは、以下の通り。

第1位:劇場版 Fate/stay night [Heaven’s Feel]I.presage flower
第2位:猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)
第3位:アウトレイジ 最終章
第4位:ナラタージュ
第5位:亜人
第6位:僕のワンダフル・ライフ
第7位:ナミヤ雑貨店の奇蹟
第8位:宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち/第三章「純愛篇」
第9位:ドリーム
第10位:恋と嘘

関連記事(外部サイト)