広瀬すず主演『ちはやふる ‐結び‐』公開日決定! 特報映像も初解禁

広瀬すず主演『ちはやふる ‐結び‐』公開日決定! 特報映像も初解禁

『ちはやふる ‐結び‐』ポスタービジュアル(C)2018 映画「ちはやふる」製作委員会 (C)末次由紀/講談社

 広瀬すず主演の映画『ちはやふる』の続編にして完結編『ちはやふる ‐結び‐』の公開日が2018年3月17日に決定し、特報映像とポスタービジュアルが公開された。映像には、高校最後の夏を迎えた千早(広瀬)たちが、競技かるた全国大会に向けて情熱を傾ける瑞々しい姿が映し出されている。

 本作は、末次由紀による“競技かるた”を題材にした累計発行部数2100万部を超える少女コミックス『ちはやふる』(講談社)の映画化第3弾にして完結編。前作の『‐上の句‐』『‐下の句‐』二部作から2年後、高校3年生となった主人公・千早たちが高校最後の全国大会を目指す、瑞沢高校競技かるた部の忘れられない夏が描かれる。前作に引き続き広瀬すずが主人公・千早を演じ、幼なじみ役の野村周平、新田真剣佑らも続投する。

 映像では、お馴染みの瑞沢高校競技かるた部の面々(上白石萌音、矢本悠馬、森永悠希)や若宮クイーン(松岡茉優)に加えて、本作で初登場となるかるた部の新入部員・菫(優希美青)や筑波(佐野勇斗)、映画オリジナルキャラクターとなる新(新田)の後輩で準クイーンの伊織(清原果耶)、そして原作でも重要なキャラクターの一人である史上最強の名人・周防(賀来賢人)が初お目見え。さらに、部長としてかるた部を支えてきた太一(野村)が突如やめてしまう場面も。全国大会を目前に、瑞沢高校はどうなってしまうのか。

 かるたが繋いだ三人の幼なじみ、千早、太一、新の最後の高校生活を描いた本作のテーマは「卒業」。ポスターでは、競技かるたの試合が始まる前に必ず詠まれる序歌「難波津に 咲くやこの花 冬ごもり 今を春べと 咲くやこの花」(=冬の間に籠っていた花が春になったから咲いたよ)と同じように桜が咲き乱れるなか、青春全部をかけて真っすぐに前を見つめた千早が描かれている。
 
 映画『ちはやふる ‐結び‐』は、2018年3月17日より全国公開。

関連記事(外部サイト)