『キングスマン:ゴールデン・サークル』、本ポスター完成&新場面写真一挙解禁

『キングスマン:ゴールデン・サークル』、本ポスター完成&新場面写真一挙解禁

『キングスマン:ゴールデン・サークル』本ポスター(C) 2017 Twentieth Century Fox Film Corporation

 コリン・ファース主演『キングスマン』の続編『キングスマン:ゴールデン・サークル』の本ポスターが完成し、併せて新たな場面写真が一挙公開された。

 『キングスマン:ゴールデン・サークル』は、表の顔はロンドンの高級テーラー、実態はどの国にも属さない世界最強のスパイ機関キングスマンの活躍を描く続編。前作に続きマシュー・ヴォーン監督がメガホンを取る。

 完成した本ポスターは、一流エージェントの風格をまとったエグジー(タロン・エガートン)を中心に、前作で死んだと思われたものの驚きの復活を果たすハリー(コリン・ファース)、教官兼メカ担当のマーリン(マーク・ストロング)のキングスマンチームが凛々しく構えるほか、本作で新たに出会うアメリカの同盟スパイ機関ステイツマンのメンバーであるテキーラ(チャニング・テイタム)、謎の敵ゴールデン・サークルのボスであるポピー(ジュリアン・ムーア)の姿が見られる。
 
 さらに背にそびえるキングスマンマークにはシャンパン(ジェフ・ブリッジス)、ジンジャー(ハル・ベリー)、ウィスキー(ペドロ・パスカル)、チャーリー(エドワード・ホルクロフト)が映し出され、本作に集結した豪華キャストが一堂に配した仕上がりになっている。

 今回公開された場面写真では、復活したハリーが銃を構える姿やトレードマークの傘が見られ、英国紳士たる立ち居振る舞いは健在の様子。そしてハリーとエグジーが共闘するムネ熱な場面や強力なロボットアームを操るチャーリーとの激闘など、バラエティ豊富な見せ場が待ち受けている模様だ。
 
 またアメリカの同盟スパイ機関ステイツマンのメンバーであるウイスキーのコテコテにアメリカンなパイロット姿や、最大の敵ポピーのアジトとなるポピー・ランド、ポピーの座るダイナーも50年代アメリカのノスタルジーを漂わせ、イギリスからみたアメリカ文化がポップに表現されている。さらに、ポピーの不気味な美容ロボや、見るからに狂暴そうなロボット犬など、ただならぬ雰囲気満載で、超過激スパイアクションのさらなる進化を予感させる。

 『キングスマン:ゴールデン・サークル』は、2018年1月5日より全国公開。

関連記事(外部サイト)