1980年代のヒットドラマ『私立探偵マグナム』、再TVドラマ企画が進行中

1980年代のヒットドラマ『私立探偵マグナム』、再TVドラマ企画が進行中

『私立探偵マグナム』再TVドラマ企画が浮上(C)AFLO

 ハワイを舞台に、元ネイビーシールズのマグナム率いる私立探偵チームの活躍を描くトム・セレック主演の人気海外ドラマ『私立探偵マグナム』が、古巣の米CBS局で再TVドラマ化されるという。DeadlineやEntertainment Weeklyなどの海外メディアが伝えた。

 パイロット版の制作が決まっているとのことだが、キャストなどの詳細は不明。CBS局で海外ドラマ『HAWAII FIVE‐0』や『MACGYVER/マクガイバー』のリブート版を成功させたピーター・M・レンコフが手がけるという。

 レンコフは『HAWAII FIVE‐0』のエリック・グッゲンハイムと共に脚本を執筆。オリジナル版と同じようにマグナムと3人の仲間が主要キャラクターになるが、新バージョンでは男性3人、女性1人の4人組になる予定とのことだ。オリジナル版で俳優ジョン・ヒラーマンが演じたマグナムの雇い主ロビン・マスターズの執事で別荘を管理するジョナサン・クェイル・ヒギンズが女性になり、ジュリエット・ヒギンズという名前になるそうだ。

 主人公のトーマス・マグナムはベトナムではなく、アフガニスタンから帰還したネイビーシールズ隊員で、退役後にハワイで探偵業を営むことになる。

 昨年には米ABC局が『私立探偵マグナム』の続編ドラマを企画していると伝えられていた。同企画では、マグナムの娘リリー・“トミー”・マグナムがハワイにあるマグナムの探偵事務所を継ぎ、様々な犯罪に立ち向かう姿を描くとのことだったが、その後、進捗は聞かれていない。

関連記事(外部サイト)