竹内涼真主演『テセウスの船』、主題歌はUru 小林武史がプロデュース

竹内涼真主演『テセウスの船』、主題歌はUru 小林武史がプロデュース

日曜劇場『テセウスの船』ポスタービジュアル(C)TBS

俳優の竹内涼真が主演を務める1月19日スタートの日曜劇場『テセウスの船』(TBS系/毎週日曜21時)の主題歌がUruの新曲「あなたがいることで」に決まった。本作のために書き下ろされた楽曲で、音楽家の小林武史がプロデュースしている。Uruがドラマ主題歌を担当するのは『中学聖日記』の主題歌「プロローグ」以来、1年3ヵ月ぶり。

 本作は、週刊漫画誌「モーニング」(講談社)で連載された東元俊哉による同名漫画を実写ドラマ化する“泣ける本格ミステリー”。竹内は主人公の田村心役でTBSの連続ドラマ初主演を務める。

 主人公・田村心は、自分が生まれる前に父・佐野文吾が殺人犯として逮捕されたことから、加害者家族として世間からの厳しい視線を浴び、暗闇の中を生きてきた。しかし、心の過去を受け入れ、いつも励まし支えてくれる最愛の妻・田村由紀から、自分の父親を信じてみてと言われ、心は父に向き合う決意をする。父が逮捕された事件の現場となった村を訪れた心は、突然、事件直前の平成元年にタイムスリップしてしまう。そして、心はそこで生まれて初めて父・文吾と31年前の母・和子に出会うのだった―。

 主題歌「あなたがいることで」は、ドラマのために書き下ろされた楽曲で、作詞・作曲をUruが担当。編曲に今回Uruと初タッグとなる小林を迎えて制作された。過去と未来をつなぐ「今」というかけがえのない時間を描く、あたたかさの中に凛とした意思を感じるバラードだ。自身初となるデジタルシングルとして2月9日リリースされる。

 Uruは「お話を頂いた時、すぐに原作を読ませて頂き、物語の展開の面白さに引き込まれ一気に読んでしまったのですが、それと同時に、この『テセウスの船』に似合う曲とはどんな曲なのだろうとすごく考えました。この境遇にあった本人にしかわからない感情を歌にできるのかと色々と言葉を探しましたが、もしも私だったらと自分に置き換えて曲を書きました」と話している。

 同曲について主演の竹内は「初めて聴いた時に、今撮影している風景やシーンが目の前に浮かんでくるような感じがしました。そして出だしの歌詞が、心を演じる今の自分の気持ちにとてもリンクしました。これからドラマの完成と共に、この曲がどうマッチしていくのかがすごく楽しみです」とコメントしている。

 日曜劇場『テセウスの船』は、TBS系にて1月19日より毎週日曜21時放送。

関連記事(外部サイト)