生田斗真「僕の前腕筋、ここに注目せよ!」 映画『先生!』の意外な見どころを紹介

生田斗真「僕の前腕筋、ここに注目せよ!」 映画『先生!』の意外な見どころを紹介

広瀬すず、『先生! 、、、好きになってもいいですか?』大ヒット御礼イベントに登壇 クランクイン!

 俳優の生田斗真が8日、都内にて行われた主演映画『先生! 、、、好きになってもいいですか?』の大ヒット御礼イベントに、ヒロインの広瀬すず、三木孝浩監督とともに登壇し、生田と広瀬はお互いにプレゼントを贈りあうなど、役柄同様の仲の良さを見せていた。

 別冊マーガレット(集英社)で長期連載された、河原和音によるコミックを基にする本作は、ぶっきらぼうながら生徒思いの教師・伊藤(生田)と、伊藤に想いを寄せる純粋な女子高生・響(広瀬)が織りなす恋模様を描く。
 
 この映画の見どころを改めて問われた生田は、同作のキャンペーンで何度も同じ質問をされていることから、今まで答えたことのないことを…ということで「生田の前腕筋、ここに注目せよ!」 となんとも意外な答えで場内のファンをわかせた。“前腕筋”という意外な見どころについて生田は、劇中、伊藤先生が腕まくりをし前腕が見えるシーンがあり、「女性陣はここが好きなんだって。シャツのまくり方で、女性スタッフから『もうひとまくり、もう一巻きお願いします』と言われ、それに従っていたんですけど…」と笑いながら説明していた。

 自分の周りでの映画の反響について問われると、広瀬は「高校時代の友達がみんな伊藤先生に恋をしていました。あんな先生いたらいいなって」と話し、生田は「いい気分しかしない! ずっと聞いていられる!」とテンションが上がっていた。

 イベントでは、原作者の河原氏から2人に手紙が届き、三木監督が代読。河原氏からの「伊藤先生をかっこよく演じてくださってありがとうございます。全シーンかっこよかったです」との感謝の言葉に、「河原先生がこの作品の一番最初のお客様。河原先生が喜んでくださった先にみなさんがいらっしゃると思うので、喜んでくださって嬉しいです」と生田は喜びを表した。

 共演の広瀬について「嘘がない女優。悲しいとか苦しいという表現を声とか顔とかじゃなく、空気を変えて演じる人なので、この人の前では嘘はつけないなということが何度もありました」と生田が褒めると、広瀬も「生田さんから伝わるものが多かったので、伊藤先生が生田さんでよかったと思えたことが何度もありました」と返した。

 その後、2人でプレゼントを交換し、生田は広瀬に花飾りをプレゼント。生田から頭に花飾りを乗せてもらった広瀬は「保育園以来かも」と喜び、白い服に花飾り姿の広瀬を見た生田は「似合う! 天使だね!」と絶賛。一方の広瀬は生田へブートニアをプレゼントした。

 映画『先生! 、、、好きになってもいいですか?』は全国公開中。

関連記事(外部サイト)