氷川きよし、新ビジュアル解禁 デビュー21年目第一弾は「母」への思いを歌に

氷川きよし、新ビジュアル解禁 デビュー21年目第一弾は「母」への思いを歌に

氷川きよし2020年新ビジュアル

デビュー21年目に突入した歌手の氷川きよしが2月4日にニューシングル「母」をリリースする。いつの時代も変わらない母への思いを表現した同曲の発売に際し、新ビジュアルも公開された。

 「母」は2012年日本レコード大賞優秀作品賞受賞作品「櫻」の作詩をつとめたなかにし礼が手掛けた作品となり、A・B・Cタイプにそれぞれカップリング曲が収録されている。

 Aタイプのカップリング「いつか会えますように」は、離れ離れになってしまった父親を思う歌。

 Bタイプカップリング「東京ヨイトコ音頭2020」は、「きよしの令和音頭」に続く“世界平和シリーズ”となっている。曲にレコーディングされているお囃子は、氷川本人が女性の声を出して歌ったもので、ひとり二役をつとめている。

 Cタイプカップリング「おもいで酒場」は、好きな男性に対するピュアな女心を描いた演歌となっている。

 なお、リリース週の2月3日に神奈川・小田原ダイナシティで、2月5日に愛知・アスナル金山、2月9日大阪・大阪ビジネスパーク ツイン21アトリウムで発売記念イベントを開催。また、デビュー日の2月1日と2日に、東京・中野サンプラザでコンサートも開催する。

 氷川は新曲「母」について、「3年くらい前に、なかにし先生とお仕事をさせて頂いたときに作詞をお願いしました。私の心の中に曲のテーマは具体的に決まっているものがあり、なかにし先生に『母』一文字で作ってくださいとお伝えしました。3年近くの月日が経ち、出来上がった作品です。世界中どなたにも母がいる。母に応えたい、母を喜ばせたい、母に対する思いは世界共通です。もしかしたら、生き別れた母かもしれない。天国に旅立った母かもしれない。そんなみなさんの母。どんな時も私のことを一番理解しているたった一人の大切な母、年を重ねて小さくなって私のために生きてくれているそんな母に捧げる魂を込めた歌です」とのコメントを寄せている。      

 氷川きよしのニューシングル「母」は2月4日発売。

関連記事(外部サイト)