押切蓮介の最強トラウマコミック『ミスミソウ』実写映画化! 山田杏奈が映画初主演

押切蓮介の最強トラウマコミック『ミスミソウ』実写映画化! 山田杏奈が映画初主演

実写版『ミスミソウ』ティザービジュアル解禁(C)押切蓮介/双葉社(C)2017「ミスミソウ」製作委員会

 『ハイスコアガール』『でろでろ』などで知られる人気漫画家・押切蓮介の代表作にして、映像化不可能と言われたコミック『ミスミソウ 完全版』が、山田杏奈主演による実写映画『ミスミソウ』として公開されることが決定した。併せてティザービジュアルや場面写真も解禁された。

 本作は、ネット上の「トラウマ漫画」系まとめサイトや掲示板で高い支持を誇る押切蓮介のサスペンスホラーを実写映画化。押切作品初の実写化となる。東京から田舎に転校してきたものの、“部外者”として扱われ壮絶なイジメを受ける主人公・野咲春花(山田)。唯一の味方である同じく転校生のクラスメイト・相場晄に支えられていたが、ある日、激しく燃える炎が自宅を覆い尽くすという悲劇に遭遇した春花の心は崩壊。厳しい冬を耐え抜き咲く花“ミスミソウ”のように、彼女はきれいな花を咲かせることができるのか。春花はある“道”を選ぶ。

 解禁されたティザービジュアルでは「卒業まであと2ヶ月−。私ね、人を殺したの。」という衝撃的なキャッチコピーとともに、雪原に距離を取りながらたたずむ2人の人物が描かれている。また場面写真では、雪が降る中、強い意志を示すかのような強いまなざしを向ける春花の姿が捉えられている。

 本作が映画初主演となる山田は、「不安はありましたが、野咲春花としてこの作品に携わることができて嬉しい気持ちでいっぱいです」とコメントし、原作について「バイオレンス要素だけではなく、人間の心の深いところまで描かれていて魅力的で私自身大好きな作品」と印象を語る。「学生ものではありますが、キラキラした青春とは別の切り口から誰かを思うあまりに誰かを傷つけてしまう苦しみや切なさを表現したいと思い、精一杯やらせていただきました」と撮影を振り返っている。

 本作でメガホンを取るのは、『ライチ☆光クラブ』『パズル』など、少年少女が主人公のクライムサスペンス作品を多数手がける内藤瑛亮監督。監督によると、依頼されたのはクランクインする1ヵ月前だったとのこと。「悩みましたが、準備期間の短さへの不安よりも『彼女を撮りたい』という思いが勝り、引き受けることにしました」と明かし、「彼女の佇まいから発せられる悲哀と透明感のある暴力性は比類ないものでした。とりわけ、一心不乱に殴り殺すアクションは最高でした」と山田の存在感と演技を絶賛している。

 映画『ミスミソウ』は、2018年4月7日より全国順次公開。

関連記事(外部サイト)