クリント・イーストウッド監督最新作『15時17分、パリ行き』、3月に公開

クリント・イーストウッド監督最新作『15時17分、パリ行き』、3月に公開

クリント・イーストウッド監督、最新作『15時17分、パリ行き』で無差別テロを描く(C)UPI/アフロ

 クリント・イーストウッド監督の最新作、映画『15時17分、パリ行き』の公開が来年3月に決定した。イスラム過激派の武装した男が列車内で無差別テロを企てるなか、犯人へ勇敢に立ち向かった3人の若きアメリカ人の実話を基に、“テロリズム”の真実に迫る。

 本作は、2015年8月21日にフランス・パリ行きの特急列車内で発生した「タリス銃乱射事件」を題材としている。アムステルダム発パリ行きの高速列車タリスに乗車した554人の乗客たち。フランス国境内へ列車が入った直後、突如としてイスラム過激派の男が自動小銃を発砲。乗務員たちや乗客たちが逃げ惑い混乱するなか、幼なじみである3人の若者が犯人たちへと立ち向かった。

 映画界の先駆者として走り続け、現在87歳のイーストウッド監督。『許されざる者』『ミニオンダラー・ベイビー』で2度のアカデミー賞作品賞と監督賞を受賞、近年は『アメリカン・スナイパー』『ハドソン川の奇跡』でヒーローの真実を描いてきた。

 『ハドソン川の奇跡』では実際の現場にいた人々がエキストラとして参加したが、今回はさらにリアリティを追求し、主演3人をそれぞれ本人が演じるという前代未聞の試みに挑戦。当時の列車に居合わせた乗客も出演し、さらに事件が起きた場所で撮影するという徹底ぶりだ。

 イーストウッド監督が“無差別殺傷テロ”をテーマにした映画を製作するのは今回が初めて。実話が基になった本作について「この映画はごく普通の人々に捧げた物語」と語っている。

 映画『15時17分、パリ行き』は、2018年3月1日より全国公開。

関連記事(外部サイト)