『ゲーム・オブ・スローンズ』原作者によるSFホラー小説、TVシリーズ化

『ゲーム・オブ・スローンズ』原作者によるSFホラー小説、TVシリーズ化

ジョージ・R・R・マーティンの小説『ナイトフライヤー』がドラマ化(C) AFLO

 人気海外ドラマ『ゲーム・オブ・スローンズ』の原作者ジョージ・R・R・マーティンが1980年に発表した中編小説『ナイトフライヤー』。7月に米SyFy局がテレビドラマ化に向けてパイロット版の製作を決めたが、マーティンが自身のブログでシーズン1が10話構成になることやドラマの進捗を報告した。

 1987年にはT・C・ブレイク監督メガホンで映画化された『ナイトフライヤー』(映画邦題は『デーモン・ギャラクシー/魔女伝説』)。宇宙船ナイトフライヤー号に乗り込んだ科学者たちが、銀河にいる謎の地球外生命体との接触を図ろうとする中で恐ろしい事態に見舞われるというストーリーだ。

 マーティンはロサンゼルスでシリーズの企画・脚本を務めるジェフ・ブーラーとショーランナーのダニエル・セローンに初めて会い、ドラマ版の行方を確認したという。10話構成のシリーズ化が決まると共に、「莫大な製作費が用意されているので、現代の視聴者が期待できるいいドラマを作ることができると思う。セットのデザイン画を拝見したが、非常にクールなセットになりそうだ。ナイトフライヤー号も見せてもらった」と報告した。

 マーティンは5月にパイロット版の脚本を読んだそうだが、「特定の詳細は小説から大幅に変わっているが、ストーリーの本質は同じだ。脚本は脚本でよくできていて、シリーズのいい出発点になっている」という感想を述べている。

 撮影はアイルランドで行われ、万事順調に進めば来夏に放送できる予定とのことだ。アメリカ以外の国ではNetflixでの配信になるという。マーティンはまた、登場人物の1人メランサ(Melantha)が小説の表紙に白人女性のイメージで描かれた過去について触れ、彼のイメージする黒人系の女性でなかったことで出版元と衝突したが、今回のドラマ版ではメランサが“メル”という役名で、ジャマイカ系イギリス人モデル・女優のジョディ・ターナー・スミスに決まったと喜んでいる。

関連記事(外部サイト)