『銀魂 パート2』、佐藤二朗が“神楽”に!? ツッコまずにいられない新情報

『銀魂 パート2』、佐藤二朗が“神楽”に!? ツッコまずにいられない新情報

『銀魂 パート2』、佐藤二朗が“神楽”に!? ツッコまずにいられない新情報(C)空知英秋/集英社(C)2017映画「銀魂」製作委員会

 2018年夏公開予定の映画『銀魂 パート2』(仮)の新情報が17日、「ジャンプフェスタ2018」内の『銀魂』ステージで発表され、“武市変平太は出ないが…佐藤二朗は出る”という、思わずツッコミたくなる、なんとも『銀魂』らしい新情報が明らかとなった。

 『銀魂』ステージ内で公開された、主人公・坂田銀時役の小栗旬と福田雄一監督によるビデオメッセージで発表された佐藤二朗の出演。前作で佐藤は銀時たちに立ちはだかる敵・高杉晋助(堂本剛)率いる攘夷過激派武装集団“鬼兵隊”の武市変平太として出演していたが、パート2では異なる役柄で出演するという。福田監督の口から発表されたこの新情報に、小栗は「いる?この情報?(笑)どうせこんなこったろうと思ったよ(笑)」と思わずツッコむ。

 また「“武市変平太は出ないけども、佐藤二朗は出る”というヒントで(銀魂の多数のエピソードの中の)何篇かを想像して頂けると非常に有り難いです」とメッセージを寄せた福田監督。続報に期待が膨らむばかりだ。
 
 そして、自身の出演が明らかとなった佐藤からもコメントが寄せられた。「『武市変平太は出ないが佐藤二朗は出る』との情報。そして続編決定の次に、俺の出演が発表されたという事実。この2つから推察される答えはただ1つ。俺の役は間違いなく、『神楽』だ」と突拍子もない答えを推察。「いいだろう。心の準備はできている。橋本環奈よ。神楽は俺に任せるアル」と挑戦的なメッセージを残す一方、原作者の空知英秋から「佐藤二朗だけは原作を知らずに自由にやってよい」と“お墨付き”を頂いたことも明かし、「『神楽の再現度、神』と言われたい。仏だが神と言われたい。俳優人生を賭けた『神楽』を楽しみに待ってろアル」と、締めくくった。

 映画『銀魂 パート2』(仮)は、2018年夏より全国公開。

関連記事(外部サイト)