13歳女子の超“ワケあり”人生を描く『アンディ・マック』1月8日、日本初放送!

13歳女子の超“ワケあり”人生を描く『アンディ・マック』1月8日、日本初放送!

13歳女子の超“ワケあり”人生を描く『アンディ・マック』日本初放送(C)Disney

 13歳の女の子アンディ・マックの“ワケあり”人生をドラマチックに描いた全米大ヒットドラマ『アンディ・マック』が、2018年1月8日よりディズニー・チャンネルで日本初放送されることがわかった。

 本作は、アメリカで2017年4月に放送開始されると、放送から5週目にして、放送・3日間録画・デジタル配信なども含め約4000万人が視聴し、同年No.1ヒット(ガールズ、6‐11歳キッズ、9‐14歳ティーン)を記録した大ヒットドラマ。

 ティーンエイジャーになる重要な13歳の誕生日に、アンディは、ずっと憧れていたお姉ちゃんが実はお母さんで、お母さんだと思っていた人がおばあちゃんだったことを知る。長年の秘密を打ち明けられたアンディの人生は一変。ジェットコースターのようなエキサイティングな毎日が始まる。

 主人公のアンディ役を務めるのは、新星ペイトン・エリザベス・リー。製作総指揮&脚本は『リジー&Lizzie』の脚本家テリー・ミンスキーが手がける。テリーは、大ヒットドラマ『セックス・アンド・ザ・シティ』でコンサルタントを務め、その後、同作の主人公キャリーの若き日を描いたドラマ『マンハッタンに恋をして 〜キャリーの日記』で脚本家を務めた経歴を持つ。

 予想を裏切る展開と、個性豊かなキャラクターが魅力で、新たな家族のカタチを生き生きと映し出す本作から目が離せない。

 『アンディ・マック』は2018年1月8日(月・祝)より、毎週月曜21時からディズニー・チャンネルにて放送。

関連記事(外部サイト)