那須川天心「めったに着ない」ライダース姿にご満悦「服に輝かせてもらっている」

那須川天心「めったに着ない」ライダース姿にご満悦「服に輝かせてもらっている」

「第8回 Safari Athlete Dresser Award」に出席した格闘家の那須川天心 クランクイン!

格闘家の那須川天心が19日、「第8回 Safari Athlete Dresser Award」に出席。那須川は、「めったに着ない」というライダース姿について、「今後ファッションに取り入れてみようかなと思います」とご満悦の様子だった。

 雑誌「Safari」が、競技・ライフスタイルともに2019年に輝いた7名のアスリートを選出、表彰する同イベント。今年は那須川のほか、ラグビー選手の山中亮平、野球選手の小林誠司、バスケットボール選手の田中大貴、ゴルファーの柏原明日架が登壇し、サッカー選手の槙野智章がVTRにて出演した。なおラグビー選手の姫野和樹も参加予定だったが、インフルエンザの疑いがあるとのことで欠席した。

 この日行われた授賞式では、登壇者がアスリート界のファッションリーダーとして各々のファッションスタイルを披露。観るものを興奮させたプレーの裏側や、日常のファッション、ライフスタイルといった素顔についても明かした。

 山中は、自身の受賞について「数多くのラグビー選手がいるなかで僕が選ばれたということでうれしく思っています」とコメント。続けて「ジャケットを着る機会があまりないので、今日はパーカーのうえに着てみようかなと」とファッションポイントを解説した。

 普段はあまり着ないというライダースを着こなして登場した那須川は「ファッションは好きなので選ばれてうれしいです」と笑顔。ライダーススタイルについては「今日のはめったに着ない感じで、身長低いので自信がなかったんですけど、服に輝かせてもらっているかなという感じです。着てみて似合ってるなと思いました。今後ファッションに取り入れてみようかなと思います」とうれしそうだった。

 ジャケットスタイルにお気に入りのスニーカーを合わせたという田中は「黒が好きで、バッチリ決めつつも足元はスニーカーで外してみました。NikeさんとG-Dragonさんというアーティストのコラボレーションの靴で、気に入っている靴です」とこだわりをアピール。男子バスケットボールが44年ぶりのオリンピック出場となることについては「ラグビーを観て感動したので、なんとかバスケットでも感動を与えられるように頑張っていきたい思います」と意気込みを語った。

 イベント後半には、アスリートにぴったりなアイテムを表彰する「第8回 Athlete's Favorite Award」に輝いたスポーツカー、TOYOTA「GR Supra」に小林・那須川の2人が乗車する一幕も。那須川は「良い感じです。まじで持って帰りたい。めっちゃ早く走りそうですね」と興奮気味に感想を口にし、小林も「ちょっとドライブ行ってきていいですか」とノリノリだった。

関連記事(外部サイト)