松坂桃李、自身が犯した愚かな行為を告白 沢尻エリカから“ワル認定”受ける

松坂桃李、自身が犯した愚かな行為を告白 沢尻エリカから“ワル認定”受ける

映画『不能犯』完成披露試写会に登壇した松坂桃李と沢尻エリカ クランクイン!

 俳優の松坂桃李が21日、都内で開催された主演映画『不能犯』の完成披露試写会に、沢尻エリカ、新田真剣佑、間宮祥太朗、芦名星、矢田亜希子、白石晃士監督と共に登壇。本作にちなんでプライベートで犯した“愚かな行為”を告白すると、沢尻から「悪ぅ!」と“ワル認定”を受けた。

 本作は、青年漫画誌「グランドジャンプ」で連載中の同名漫画を原作とするスリラー・エンターテインメント。絶対に立証不可能な方法で依頼されたターゲットを殺す主人公・宇相吹正(松坂)と、彼が唯一コントロールできない正義感溢れる女刑事・多田友子(沢尻)の対立を軸にストーリーが展開する。

 宇相吹役の松坂は、自身の役どころについて「純粋に楽しかった。僕の役どころは、人間の欲や業にまみれた人たちを死に誘っていく立ち位置。『あなたも逝ってしまうんですね、そちら側に』という瞬間に立ち会えると、(宇相吹の顔に)笑みがこぼれる理由が分かる」と振り返った。

 友子を演じた沢尻は、松坂が扮した宇相吹の姿が「スゴい怖かったです。初めてお会いした時もキャラクターがそのまま出てきたんじゃないかと思うくらいイメージがピッタリ。近づきにくいオーラがあって、喋りかけられないし、どう接していいのか最初全然分からなかったです」と述懐。それを聞いて横で笑顔を振りまく松坂に、笑みをこぼしていた。

 新人刑事・百々瀬麻雄役の新田は、宇相吹の印象を問われて「僕、(劇中などで宇相吹に)お会いしたことないんですよね…」とポロリ。松坂が、もし自身が宇相吹と対峙したら「自分の弱い意志に勝てる?」と尋ねると、新田は小さな声で「うん」と回答。黄色い声援を浴びていた。

 イベント後半には、宇相吹の「愚かだね、人間は」というセリフにちなんで、登壇者がそれぞれ“愚かな行為”を明かすことに。松坂は「小っちゃい話なんですけど」と前置きして、東京・渋谷区の鎗ヶ崎交差点でのエピソードを披露。「あそこって、スケボーやってる人がいるんですよね。『危ね〜な〜』って思いながら歩いて見てて『転ばね〜かな〜。転べ、転べ! お〜転べ! …はい、転んだ! よっしゃ〜!』みたいなことを思った」と告白。会場から笑いが漏れる中、沢尻は「悪ぅ!」とツッコミを入れていた。
 
 映画『不能犯』は、2018年2月1日全国公開。

関連記事(外部サイト)