アメリカ版テレビドラマ『ザ・オフィス』、スティーヴ・カレル不在で続編企画が浮上

アメリカ版テレビドラマ『ザ・オフィス』、スティーヴ・カレル不在で続編企画が浮上

コメディドラマ『ザ・オフィス』がリバイバルか(※『ザ・オフィス』シーズン7の場面写真)(C) AFLO

 オフィスでの社員たちのドタバタをドキュメンタリー技法で描いたイギリス発人気コメディドラマ『The Office』。アメリカではリメイク版『ザ・オフィス』が2005年より放送され、ヒットドラマとなったが、続編シーズンの企画が浮上しているという。

 英オリジナル版の立役者でコメディ俳優のリッキー・ジャーヴェイスが企画・製作総指揮を手がけたアメリカ版『ザ・オフィス』。TV Lineによると、米NBC局が2018〜2019年の放送を目処に、続編シーズンの制作に動いていると伝えている。ただ同局は本件についてコメントを控えたそうだ。

 続編は再び、製紙会社ダンダー・ミフリンのペンシルベニア州スクラントン支社が舞台。新旧のキャラクターが登場するが、マイケル・スコットを演じた俳優スティーヴ・カレルは出演しないらしい。
 
 同ドラマのヒットでブレイクしたキャストには、スティーヴのほか、『ハングオーバー』シリーズの俳優エド・ヘルムズや映画『だれもがクジラを愛してる。』の俳優ジョン・クラシンスキーなどがいるが、オリジナルキャストの誰が再出演するかは不明。続報が待たれるところだ。

関連記事(外部サイト)