鈴木伸之、桐谷美玲から天然ぶりを明かされるもマイクトラブルに神対応

鈴木伸之、桐谷美玲から天然ぶりを明かされるもマイクトラブルに神対応

(左から)三木康一郎監督、清原翔、斉藤由貴、桐谷美玲、鈴木伸之、馬場ふみか、竹内愛紗。『リベンジgirl』初日舞台挨拶にて クランクイン!

 女優の桐谷美玲が23日、都内で行われた主演映画『リベンジgirl』の初日舞台挨拶に、共演の鈴木伸之、馬場ふみか、清原翔、竹内愛紗、斉藤由貴、三木康一郎監督らと参加した。

 本作は“ミス東大”“イケメン彼氏アリ”と性格以外はパーフェクトなイタイ女・宝石美輝(桐谷)が、フラれた相手を見返すために、女性初の総理大臣を目指すラブストーリー。

 桐谷は相手役を務めた鈴木の印象について「戦っているイメージがあって、強そうだと思っていたけれど、実際はすごく寒がりだったり、虫が苦手だったり、高いところが苦手だったり、強いというよりも、可愛らしいという印象に変わった」と意外な素顔を明かし「PR番組の収録のときに鈴木さんのテンションが高い日があって、急にカメラに向かってポーズを取りだした。見たことのない鈴木伸之がいた。だって急にですよ?」とイケメンイメージ一変の姿を振り返った。

 それに対して鈴木は「カメラに向かって最後に何をするのか決まっていない中で、なんだかわからずにカメラに向かって指をさしていました。いまだになんだかわからない」と赤面すると、桐谷は「それまでは真面目に答えていたのに、最後の最後に。私もやらなければいけないのかなと思って…」とすかさずのイジリで、鈴木からは「しなくていいです!」とピシャリと制されていた。

 天然ぶりを明かされてしまった鈴木だが、舞台挨拶中にマイクトラブルが発生し、音声が途切れるという状況になると、機転を利かせて地声で「俺はね! 地声でいけるんでね!」と場の雰囲気を和ませる神対応。会場からは拍手喝采だった。

 そんな鈴木は桐谷の印象について「姿勢もいいし、凛としている。真面目だし、桐谷美玲さんのイメージそのまま。思っていた以上にフランクで、そのおかげで現場もやりやすかった」と最敬礼。当の桐谷は「あら、ありがとうございます…なんて言っていいのかわからないですね、これ」と直球の褒め言葉に照れていた。

関連記事(外部サイト)