松岡茉優、リアルで魅力的な芝居を見せるコツは「欠点を作ること」

松岡茉優、リアルで魅力的な芝居を見せるコツは「欠点を作ること」

松岡茉優、『勝手にふるえてろ』インタビュー クランクイン!

 意外に思えるかもしれないが、女優・松岡茉優は映画『勝手にふるえてろ』で初めて映画の主演を務めた。その演技巧者ぶりが爆発している本作に限らず、常に見る者の印象に残る芝居を見せる松岡に、劇中で演じた変わり者のヒロインや、撮影中の苦労が報われた瞬間、そしてリアルで魅力的な芝居を構築するコツなどについて話を聞いた。

 綿矢りさの同名小説を基にする本作は、恋愛に臆病なOLのヨシカが、10年間片思いを続けているイチ(北村匠海)と、会社の同期であるニ(渡辺大知)の間で揺れる姿を描く。人間関係において不器用なヨシカについて松岡は「社会に生きている人たちの、葛藤や、狭さや、苦しみ、悲しみ、寂しさの集合体だなと思っていて。『ああいう気持ちになるところ、分かるな』とか、すごく共感しました」と語る。

 3度目のタッグとなった大九明子監督からの演技指導はほぼなく、「すごく自由にやらせていただきました」というが、モノローグや空想を中心とする独り相撲的な芝居には苦労したそう。これまでの経験を基に一つ一つのシーンを演じていったものの「何が正解かが分からなくて、たぶんここでヨシカは気づくはずだとか、たぶんここで怒るはずだっていう、“たぶん”にしかならなかった」と告白する。

 しかし、その“たぶん”は、観客賞を受賞した第30回東京国際映画祭で報われた。観客賞上映に参加した松岡は、「自分が『こうだ』と思ったところとは全然違うところで笑っていただいたり、『ここはこう感じてほしい』って思うところをストレートに感じていただけたり」と笑顔で回想。「ご覧いただいた方の感じ方はさまざまだと思いますが、何かしらみなさんの中に残るものがあればうれしいです」と笑顔で語る。

 本作に限らず、常にリアルで魅力的な芝居を見せる松岡。役と向き合う上で重視していることは何だろうか。「ヨシカの場合は、欠点を作ることを意識しました。誰にでも好かれる人っていないと思うので、誰かから見たらこういうところが悪いっていう欠点を作ることで、そのあとの色が足しやすかったです」と振り返る。

 本作はキャリアにおける初主演映画となったが、松岡は浮ついた様子を欠片も見せない。ドラマや映画でポジションを問わず研鑽を積んできた彼女は、「主演という席に座って初めて見えた景色もあるんですけど、やっぱり脇に座ってないと見えない景色もあって」と冷静だ。「いろいろな席に座りながら、いろいろなものを見えるようになって、先輩たちからいろいろ吸収して。いっぱい吸収できて、そのタイミングで挑戦できる機会があるなら、また主演させていただければ」と将来を見据える。

 22歳とは思えないほどの思慮深さ、落ち着きを感じさせる松岡だが、もしヨシカに会えたらどんな言葉をかけたいか聞くと、年ごろの女子らしい答えが返ってきた。「お茶に誘って、おしゃれなカフェに行って、恋バナを聞いてあげたい。私はヨシカのことを全部知っているから、ちゃんと聞いてあげられると思うんです(笑)」。晴れやかな笑みとともに発された言葉には、初主演作で演じたヒロインに対して彼女が抱く、温かな愛情が感じ取れた。(取材・文・写真:岸豊)

 映画『勝手にふるえてろ』は12月23日より全国公開中。

関連記事(外部サイト)