【映画ランキング】『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』がV2!『みせコド』は初登場5位!

【映画ランキング】『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』がV2!『みせコド』は初登場5位!

12月23日〜12月24日全国映画動員ランキング1位:『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』(C)2017 Lucasfilm Ltd. All Rights Reserved.

 12月23〜24日の全国映画動員ランキングが興行通信社より発表され、『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』が、週末土日動員45万人、興収6億9600万円をあげ2週連続1位を獲得した。12月29日からはIMAX3Dでの上映、翌年1月5日からは、MX4Dと4DXで「ダークサイドバージョン」が公開されるなど、まだまだ話題は豊富で、さらなる伸びが期待される。

 2〜4位までも先週と同様の作品がランクインしており、2位の『映画 妖怪ウォッチ シャドウサイド 鬼王の復活』は、週末土日動員19万9000人、興収2億2700万円、3位の『8年越しの花嫁 奇跡の実話』が、週末土日動員18万6000人、興収2億4600万円、4位の『DESTINY 鎌倉ものがたり』が、週末土日動員16万9000人、興収2億2800万円という数字を出した。

 5位には初登場の『未成年だけどコドモじゃない』が、初週土日動員11万5000人、興収1億3700万円をあげランクイン。Sexy Zoneの中島健人、Hey! Say! JUMPの知念侑李という二人のジャニーズ所属の人気アイドルが共演ということで、10代が65%、20代が15.9%という若年層から高い支持を受けている。冬休みに突入し、数字を伸ばす可能性は大だ。

 8位も初登場の『カンフー・ヨガ』が、初週土日動員3万4000人、興収4500万円を記録しランクイン。また、桐谷美玲&鈴木伸之共演のコメディ映画『リベンジgirl』は初登場11位というスタートだった。

 惜しくもトップ10は逃してしまったが、『IT/イット “それ”が見えたら、終わり。』が、公開8週目にして、ついに興収20億円を突破した。

12月23日〜12月24日全国映画動員ランキングは、以下の通り。

第1位:スター・ウォーズ/最後のジェダイ
第2位:映画 妖怪ウォッチ シャドウサイド 鬼王の復活
第3位:8年越しの花嫁 奇跡の実話
第4位:DESTINY 鎌倉ものがたり
第5位:未成年だけどコドモじゃない
第6位:仮面ライダー平成ジェネレーションズ FINAL ビルド&エグゼイドwithレジェンドライダー
第7位:オリエント急行殺人事件
第8位:カンフー・ヨガ
第9位:鋼の錬金術師
第10位:ガールズ&パンツァー 最終章 第1話

関連記事(外部サイト)