浜辺美波、佐久間由衣、桜井日奈子ら2018年ブレイク必至の女優を予想

浜辺美波、佐久間由衣、桜井日奈子ら2018年ブレイク必至の女優を予想

2018年ブレイク必至の女優を予想(左から)浜辺美波、桜井日奈子、葵わかな クランクイン!

 2017年も永野芽郁、吉岡里帆らをはじめ、数々のニューヒロインが誕生し、ドラマ・映画界をにぎわせた。ブレイクするには、本人たちの持つ素材の魅力はもちろん、作品の力も大きな影響を与える。2018年は果たしてどんな女優がブレイクするのか。若手注目女優をピックアップしてみよう。

 まず注目したいのが、2017年、邦画の実写映画で30億円以上の大ヒットを記録した『君の膵臓をたべたい』で主人公・山内桜良を演じた浜辺美波。膵臓の難病を患ってしまった高校生が、唯一自分の病気のことを知っている“僕”を巻き込み、残された命を懸命に生きるヒロインを、キュートで切なく演じ、高評価を得た。みずみずしく透明感あふれるルックスはもちろん、ナレーションで魅せた声の良さや、視聴者を感情移入させる高い演技力など、業界関係者からも、その素材の良さは絶賛されている。

 2018年は、1月クールの連続ドラマ『賭ケグルイ』で、ギャンブルの強さで生徒の階級を決める名門高校に転校してきたギャンブル狂の女子高生・蛇喰夢子を演じる。おしとやかな美少女だが、いざ勝負となると、リスクもいとわない人格になるという個性的な役柄をどう演じるのか、放送前から大いに話題になるなど、注目度は非常に高い。

 また連続テレビ小説『ひよっこ』で、有村架純演じるみね子の親友・助川時子役で注目された佐久間由衣も、2018年に大きくブレイクしそうな逸材だ。昭和30年代後半が舞台になった『ひよっこ』では、奥茨城から上京し、女優を目指す姿が描かれたが、「背が高すぎて役を降ろされた」というエピソードを交えるなど、佐久間自身の抜群のプロポーションを逆手に取るような脚本で、多くの人に共感と親しみを与えた。“ブレイクの登竜門”といわれ、過去には加藤ローサや、広瀬すず、新木優子、吉岡里帆らが務めた『ゼクシィ』のCMにも起用されるなど、さらなる活躍が期待できる。

 「岡山の奇跡」という触れ込みで大きな話題になった桜井日奈子も、2018年注目を集める存在だ。『いい部屋ネット』や『白猫プロジェクト』などで愛らしいキャラクターが評判になると、2017年は、ハリウッド映画『トランスフォーマー/最後の騎士王』でヒロイン、イザベラの吹き替えに挑戦。多くの登場シーンがあるなか、非常に勘の良い演技で高評価を得た。2018年は、伝説の人気コミックを実写映画化した『ママレード・ボーイ』で主演・小石川光希を演じるなど、その活動には関心が集まっている。

 さらに、現在放送中の連続テレビ小説『わろてんか』で主演を務める葵わかなも、2018年、大きく花開きそうな女優だ。京都の老舗薬問屋の長女として生まれた藤岡てんが、大阪を日本一の笑いの町にしていこうと尽力する姿を描いた物語。放送前、生まれも育ちも関東という葵には、関西弁の不安などがささやかれたが、いざ蓋(ふた)を開ければ、第9週目から12週目まで、平均視聴率が20%を超えるなど、評判も上々だ。朝ドラが終了してからが、本当の勝負になるだろうが、放送終了後の4月以降の動向も見届けたい。

 もう一人ブレイク候補としてあげたいのが、2017年は4本のドラマと5本の映画に出演した武田玲奈だ。愛らしいルックスはもちろん、『non‐no』の専属モデルを務めるなど、同性からの人気も高い。2018年は、過去に桜庭ななみ、土屋太鳳、浅川梨奈(SUPER☆GiRLS)らが主演を務めた映画『人狼ゲーム』シリーズ最新作『人狼ゲーム インフェルノ』で主演を務め、同時にシリーズ初となる連続ドラマ『人狼ゲーム ロストエデン』にも出演する。殺りくゲームのヒロインという役柄で、新たな一面が期待でき、女優として大きく羽ばたく可能性がありそうだ。

関連記事(外部サイト)