小瀧望、親友役の高杉真宙への愛を熱弁「本当にね、可愛いんですよ」

小瀧望、親友役の高杉真宙への愛を熱弁「本当にね、可愛いんですよ」

『プリンシパル〜恋する私はヒロインですか?〜』完成披露試写会にて クランクイン!

 女優の黒島結菜とジャニーズWESTのメンバーで俳優の小瀧望が24日、都内で開催された映画『プリンシパル〜恋する私はヒロインですか?〜』の完成披露試写会に登壇。共演の高杉真宙、川栄李奈、篠原哲雄監督とともに撮影の思い出を振り返った。小瀧は親友役を務めた高杉について「本当にね、可愛いんですよ」と語った。

 本作は、いくえみ綾による漫画『プリンシパル』の実写映画化。黒島と小瀧がダブル主演を務める。些細なことからハブにされた住友糸真(黒島)が、東京から札幌に引っ越し、転校先の高校の人気者である舘林弦(小瀧)や桜井和央(高杉)と織りなす恋模様を描く。黒島は糸真について「東京でハブにされて逃げてきたっていうネガティブなところから入るんですけど、新しい環境で自分の居場所を探したいっていう思いと、ちゃんと好きな人とか友達とかと向き合う、すごく強い女の子でした」と回想。また「演じていて、役を通してもそうだし、役と一緒に自分も成長できたのかな」と満足気に語った。

 一方の小瀧は、自身にとって初となった主演について「なんかあったら黒島さんに任せようと思っていた」と冗談交じりにコメント。俺様系の役柄については「いくえみ男子で人気1位を取っている弦なので、それを聞いたときは、プレッシャーをすごく感じましたね」としつつ「たまに垣間見える優しさもあるんですけど、優しくなりすぎないようにとか。バランスが難しかったなという印象ですね」と振り返った。

 小瀧は独特の友情を紡ぐ親友役の高杉にも言及。「本当にね、可愛いんですよ、素でも。漫画の世界観に近いというか、どんどんやってあげたくなるような感じがしたので、僕的には割と(芝居も)スムーズに行けましたね。クランクイン初日の夜も、ご飯に行ったりとか」と告白。愛溢れる言葉を受けた高杉は「小瀧くんに守られてる感、やっぱりありました(笑)。優しいお兄さんだなと。同い年なのに」と白い歯を見せていた。

 映画『プリンシパル〜恋する私はヒロインですか?〜』は、3月3日より全国公開。

関連記事(外部サイト)