岡副麻希「下着の替えが大変でした」プールでの撮影秘話 新井恵理那は「毛をそりました」

岡副麻希「下着の替えが大変でした」プールでの撮影秘話 新井恵理那は「毛をそりました」

『原色美人キャスター大図鑑2020』発売記念握手会に出席した(左から)岡副麻希、新井恵理那、柴田阿弥 クランクイン!

フリーアナウンサーの岡副麻希、新井恵理那、柴田阿弥が25日、都内で行われた文藝春秋『原色美人キャスター大図鑑2020』発売記念握手会に出席。撮影現場でのエピソードや、撮影に向けて心がけたことを明かした。

 同イベントは、セント・フォース所属の美人キャスターを撮り下ろした写真集『原色美人キャスター大図鑑2020』の発売を記念し、開催されたもの。この日は1200人の参加者が会場に集まった。

 岡副は「真夏に撮影していただいて、私はプールにも入れていただきました。27歳のお誕生日あたりに撮影したので、そのお祝いをサプライズでしていただいたのでうれしかったです。27歳の記念のような1冊です」とニッコリ。撮影については「衣装を好きに選ばせていただいて、素に近い感じですね。見えてもかっこいい背中にしたくて、いっぱい背中を鍛えていました」と語ったうえ、「思ったより早くに水に入ってしまって、下着の替えが大変でした(笑)」と、撮影の早い段階でプールに入ってしまったため、その後の撮影で苦労した出来事を明かし、笑いを誘った。

 新井は「すごく見ごたえがあって厚みもあって、こんなにすてきな人たちがいっぱいいるんだなってセント・フォースについて思いました。夏の撮影で海に行かせてもらったんですが、風がすごく強くて大変でした」と振り返り、久しぶりだったという海の撮影については「すごくはしゃいじゃいました。本当はもうちょっと目を開けるんですけど、ほとんど目つぶってますね(笑)」と笑った。

 また柴田は「住宅街をダッシュしたり、プールにもちょっと入ったり、さまざまなカットで撮ってもらってうれしかったです。表紙にも使ってもらったので大満足の2020点ですね」と笑顔。続けて「1月にイベントができたので、目標は1個叶ったんですけど、毎年、ファンの方に会う機会は作っていきたいなと思うので、もう1回イベントをやりたいです」と今年の目標を語った。

 さらに撮影に向けて心がけたことを聞くと、新井は「久しぶりに毛をそりました。そんなに気にしてなかったんですけど...」と赤裸々に発言し、会場は爆笑。柴田は「お腹が見える感じだったので、撮影の間だけお腹引っ込めてました」と告白していた。

関連記事(外部サイト)