キンプリ・平野紫耀、今年初挑戦したいことはまさかの「無人島暮らし!」

キンプリ・平野紫耀、今年初挑戦したいことはまさかの「無人島暮らし!」

平野紫耀、『honey』完成披露舞台挨拶に登壇 クランクイン!

 平野紫耀(King & Prince)、平祐奈、横浜流星、水谷果穂、浅川梨奈、佐野岳、高橋優、神徳幸治監督が、21日に都内で開催された映画『honey』の完成披露舞台挨拶に出席。身内に甘えている自覚があるという平野は、無人島暮らしに挑戦したいと明かし、「甘えていられない環境に、一回自分を置かれてみたいなっていうことです」と語った。

 映画『honey』は、目黒あむが「別冊マーガレット」(集英社)で連載した同名コミックの実写版。一見すると不良ながら心はピュアな赤髪の高校生・鬼瀬大雅(平野)が、ビビりでヘタレの女子高生・小暮奈緒(平)と織りなす恋模様を描く。平野は本作をお披露目する心境について「とても緊張しながらも、初主演の映画で、とても思い入れがあって気合を入れた作品なので、皆さんに見ていただいて、どういう反応が返ってくるのかが楽しみですね」とニッコリ。

 一方、人生初の茶髪で奈緒を演じた平は、役柄について「ビビりでヘタレな女の子だったので、私とは正反対な女の子だったんです」と回想。続けて「純粋でまっすぐで内気な子なんですけど、鬼瀬君との出会いによって、どんどん前向きに変わっていく姿が、やっていて難しい面もあったんですけど、監督と話し合いながら、なんとかこのようになりました」と満足げな表情を見せた。

 イベントでは、登壇者それぞれが今年初挑戦したいことを発表する一幕も。平野は「無人島暮らし。サバイバルですかね」とまさかの回答。平や横浜が驚く中、平野は「マネージャーさんとかも抜きで行きたいです。(メンバーも)抜きです。身内の方々に甘えている自分がいるなと思って。これはいかんと思って、甘えていられない環境に、一回自分を置かれてみたいなっていうことです」と理由を明かしていた。

 また、劇中で108本のバラがキーアイテムになっていることに絡め、平野が本作の公開までに、108個の“はじめて”にチャレンジする企画も発表された。平野が挑戦していく108個の“はじめて”は、映画の公開初日舞台挨拶で発表されるという。

 映画『honey』は3月31日全国公開。

関連記事(外部サイト)