ブラッド・ピット×レオナルド・ディカプリオの共演決定! タランティーノ新作に出演

ブラッド・ピット×レオナルド・ディカプリオの共演決定! タランティーノ新作に出演

タランティーノ最新作でブラッド・ピットとレオナルド・ディカプリオが共演(C)AFLO

 クエンティン・タランティーノ監督が、映画『ジャンゴ 繋がれざる者』に出演したオスカー俳優レオナルド・ディカプリオと再タッグを組む新作に、俳優ブラッド・ピットも出演することが決まった。これにより、レオナルドとブラッドという二大スターの夢の共演が実現することになる。

 Varietyによると、映画は『Once Upon a Time in Hollywood(原題)』というタイトルで、タランティーノ監督が脚本を執筆。カルト教団の指導者チャールズ・マンソン率いるマンソン・ファミリーが、ロマン・ポランスキー監督の身重の妻で女優のシャロン・テートら5人を殺害した1969年夏のロサンゼルスが舞台になる。

 レオナルドは西部劇ドラマの俳優リック・ダルトン、ブラッドはリックのスタントダブルのクリフ・ブースというキャラクターを演じるという。

 「二人ともハリウッドで名声を得ようとするが、勝手が分からない。しかしリックにはとても有名な隣人がいる…。シャロン・テートというね」と、タランティーノ監督は新作について声明を通じて語ったとのことだ。

 脚本の構想・執筆に5年を費やしたというタランティーノ監督。事件が起きた1969年当時は7歳でロサンゼルス郡に住んでいたという。「今とは違うLAやハリウッドのストーリーを語ることに胸を躍らせている。ディカプリオとピットが強力なチームとなって、リックとクリフを演じることになり、この上なく喜んでいる」とコメントを寄せている。ブラッドはタランティーノ監督と2009年の『イングロリアス・バスターズ』以来のタッグとなる。

 『Once Upon a Time in Hollywood(原題)』は、奇しくもシャロン・テート殺害事件から50年目の2019年8月9日(現地時間)に全米公開予定。

関連記事(外部サイト)