黒島結菜、実写化作品で活躍「別物を作ろうという感じ」

黒島結菜、実写化作品で活躍「別物を作ろうという感じ」

黒島結菜、『プリンシパル〜恋する私はヒロインですか?〜』インタビュー クランクイン!

 2017年はヒロインを務めた映画『サクラダリセット』の前後編が公開されたほか、主演ドラマ『アシガール』が放送されるなど、大活躍を見せた沖縄出身の若手女優・黒島結菜。映画『プリンシパル〜恋する私はヒロインですか?〜』では自分を変えようと奮闘するヒロインを好演した彼女に、小瀧望や高杉真宙との共演秘話、沖縄から上京した当時のエピソード、そして実写化作品に対する心構えなどについて話を聞いた。

 ささいなことから東京の高校での友人関係がうまくいかず、北海道へ移住してきた高校生の住友糸真(黒島)が、転校先の人気者である舘林弦(小瀧)や桜井和央(高杉)と織りなす恋模様を描く本作。黒島は「共通点は少ない(笑)」という糸真の魅力について「好きだったら好きと言うこととか、(川栄李奈が扮する)晴歌にいじめられても、次に会ったときに『おはよう』と話しかけたりとか、無視されてもちゃんと向き合おうとするところは、すごいなと思います」と分析。自身の芝居については「ネガティブな部分もあるけど、糸真は思っていることをはっきり言うんです。そういうところは、演じるうえでもバランスを取るのが難しかった」と振り返る。

 「常に見ている人(観客)のことを考えながら演じていた」と現場の空気を表現する黒島。小瀧については「良い意味で明るくおちゃらけたムードメーカーみたいなところがあった」というが、「普通にしゃべっていると関西弁が出るし、ラフな感じで話すんですけど、お芝居になるとすごく一生懸命でした」と回想する。高杉については「(芝居の)バリエーションが多くて。いろいろなプランがあるのだと感じました。だから、毎回どういう感じで来るのか楽しみでしたね」と印象を明かす。

 物語の序盤では、糸真の慣れない環境への戸惑いが描かれるが、黒島自身が沖縄から上京したときは、ポジティブな驚きが多かった。「全部が新鮮で。ネガティブな方じゃなくて、ポジティブな意味で毎回驚いていました。ビルが高いからずっと上ばっかり見ていましたし(笑)、人も多いなあと思ったり、電車の車両が長いから驚いたり」。また、「沖縄の緩い感じを引きずっちゃだめだなと思って、時間はちゃんと守ろうって気にするようになりましたね」と数年前の出来事に思いを馳せる。

 本作を含め、『サクラダリセット』『アシガール』など、実写化作品での活躍が目立つ黒島。実写化に対しては、どんな心構えを持って臨んでいるのだろうか。「実写は、原作ファンが絶対にいるので、別物を作ろうという感じかもしれないです」と前置きする彼女は、「原作の良さも大事にしつつ、映画とかドラマにしかできないことがあると思うから、そこのバランスがうまくとれたらいいですよね」と考えを述べる。

 劇中では、糸真の大学進学に向けた一つの決断が見どころとなる。黒島は、自身の将来について「今は仕事が好きだし、長く続けていきたいと思っているから、一生懸命、一つ一つ、今ある仕事を頑張ってやっていきたい」と語る。そんな彼女は、まだ20歳。目の前に広がる可能性は限りない。果たして、黒島結菜はどんな道を歩み、どんな活躍を重ねていくのか? その人生を見つめていきたい。(取材・文・写真:岸豊)

 映画『プリンシパル〜恋する私はヒロインですか?〜』は全国公開中。

関連記事(外部サイト)