ケイト・ウィンスレット主演のウディ・アレン最新作『女と男の観覧車』公開決定

ケイト・ウィンスレット主演のウディ・アレン最新作『女と男の観覧車』公開決定

ケイト・ウィンスレットが主演を務める、ウディ・アレン最新作『女と男の観覧車』Photo by Jessica Miglio (C)2017 GRAVIER PRODUCTIONS,INC.

 名匠ウディ・アレン監督の最新作『女と男の観覧車』が、ケイト・ウィンスレット主演で6月23日に全国公開されることが分かった。

 1950年代、元女優の主人公ジニー(ケイト)は、息子と、遊園地で働く再婚相手のハンプティ(ジム・ベルーシ)と平凡に暮らしながら、海岸で監視員のアルバイトをしているミッキー(ジャスティン・ティンバーレイク)と秘密の交際をしていた。脚本家を目指すミッキーとの未来に夢を見るジニーだが、夫の連れ子で、ギャングと駆け落ちして以来音信不通だったキャロライナ(ジュノー・テンプル)が現れたことで全てが狂い始める。

 安定を願いながら刺激を求め、真実の愛に憧れながら刹那の恋に溺れ、切ない夢にその身を投げ出す主人公について、アレン監督は「最高峰の演技力を誇る女優でないと成立しない」と断言。「最初はどうすればいいのかわからなかった」としながらも新境地を開拓したケイトの演技には、各方面から称賛の言葉が寄せられている。

 撮影監督は、『地獄の黙示録』などで3度アカデミー賞を受賞したヴィットリオ・ストラーロが務め、遊園地のシンボル的存在の観覧車“ワンダーホイール”を背景に詩情豊かな映像を捉えている。

 『女と男の観覧車』は、6月23日より全国公開。

関連記事(外部サイト)