『キングスマン』アクションの源流はジャッキー・チェン!? 坂本浩一監督が裏側を検証

『キングスマン』アクションの源流はジャッキー・チェン!?  坂本浩一監督が裏側を検証

日米で活躍する坂本浩一監督が、『キングスマン』のアクションの魅力を語る クランクイン!

 英国スパイ組織の活躍を描いた大ヒットシリーズ第2弾映画『キングスマン:ゴールデン・サークル』。冒頭からアクセル全開のキレッキレのアクションで映画ファンの心をわしづかみ、世界71ヵ国でNO.1を記録した。とにかく目を疑うアクロバティックなバトルシーンの連続、いったいどんな手法で撮影されたのか?日本のみならず、『リーサル・ウェポン4』や 米国版『パワーレンジャー』シリーズなどハリウッド作品でスタントやアクションコーディネーターとして実績を持ち、日米のアクションに造詣が深い坂本浩一監督(『劇場版 ウルトラマンジード つなぐぜ!願い!!』ほか)に検証していただき、プロの目から見たみどころシーンなどを語ってもらった。

 本作は、世界最強の英国スパイ組織“キングスマン”の活躍を描く大ヒットシリーズ第2弾。謎の組織”ゴールデン・サークル"によって、ロンドンの本拠地を壊滅された英スパイ組織“キングスマン”のエグジーとメカ担当のマーリンは、敵を追求するために、同盟組織“ステイツマン”の協力を求めてアメリカへ渡る。

ーこれまで数多くの作品でアクション映画を手がけてきた坂本監督にとって、本作のアクションの魅力とはどういった点にあると思いますか。

坂本監督:基本的にアメリカ映画は、何台ものカメラで、同じアクションを多数のアングルで押さえ、編集でリズムやテンポを変えて作り込んでいくんですが、『キングスマン』は、カットごとにデザインされたショットを撮影し、アクションを構成していくというユニークな方法を取っています。さらに、何カットかに分けて撮った映像をデジタル合成でつないでいき、“ワンカット”として迫力ある映像で見せるというやり方も凄いですよね。例えば、1作目なら教会の中での大虐殺のシーン、本作なら冒頭のカーチェイスや終盤のダイナーでのバトルシーンがそうですね。まさにオリジナリティに富んだ”キングスマン・スタイル"と言えます。

ー本作の数あるアクションシーンの中で、プロの目で見て「ここは凄い」というシーンはどこですか?

坂本監督:オープニングとエンディングをガッツリ見せるというアメリカ映画によくある演出法で作られていますが、やはり冒頭のカーチェイスと終盤のダイナーでのバトルは凄いものがありますよね。とくにカーチェイスは画期的!超至近距離の狭いスペースでの格闘を、カメラが縦横無尽に動き回って撮影し、ヴィジュアル・エフェクトを使ってワンカットで見せたりしているんですが、入り込めない部分は、ドアなどを取り払った別撮り用のクルマをもう1台用意して、グリーンバックで撮って、背景はCGで作り込んでいますね。

ー本作は、これまでのアメリカ映画にはない独特の“色”があります。坂本監督はどのようにお感じになりましたか。

坂本監督:『キングスマン』シリーズのスタントコーディネーターをブラッド・アランという人が担当していますが、彼はもともとジャッキー・チェンのスタントチームからキャリアをスタートさせているので、その影響だと思います。アクション映画をたくさん観ていると、なんとなく“色”があるので、「これは誰がやった」とか「これはジャッキーの影響を受けている」とか、すぐにわかるんです。演出のリズムも、アクションを構成するテンポも、純粋なアメリカ人が作ったものとは明らかに違いますね。

ー本作はジャッキー・チェンの影響を受けているんでしょうか。

坂本監督:僕はそう感じましたね。冒頭のカーチェイスのように、現実的にはできそうもないことをさらりとやってのけるところなんかは、まさにジャッキー映画の真骨頂。香港映画へのオマージュというか、神髄みたいなものが本作にも感じられます。笑いの面でも、アメリカ映画はどちらかというと言葉を使ったコメディやドタバタ劇が多いですが、『キングスマン』の作風を観ていると、フィジカルなコメディ要素が多い気がします。その辺も含めて、この作品は“ジッキー流派”を受け継いでいるのかなと思いますね。

ーアクションシーンの見せ方も違いますか。

坂本監督:『キングスマン』では、膨大なヴィジュアル・エフェクトやアクロバットが入ってくるのがキーポイントですが、もう1点、ジャッキー映画の影響を色濃く感じるのが、“やられる方”をしっかりと見せていること。例えば、ムチで戦うシーンがありますが、ムチがくるくる回って、それが敵に当たって倒れていく姿をしっかりと描写しているので、その衝撃がより大きく伝わってくるんですよね。アメリカ映画は、編集のリズムで見せているので、やられる方の姿はここまでしっかりと描かない場合が多い。僕が『リーサル・ウェポン4』のスタントをやったときも、撃たれて倒れるシーンを凄くがんばったのに、ほんの少ししか映ってない!みたいなことが結構ありますから(笑)

ーアメリカでスタントを経験され、現在、日本との違いを感じられることはありますか。

坂本監督:日本では裏方さんのイメージが強いスタントマンも、アメリカは“特殊技能”というものが確立されているので、スペシャリストとしての地位が確立されています。バート・レイノルズとハル・ニーダム監督はスタントマン出身なんですが、彼らが『グレートスタントマン』や『トランザム7000』などの映画を通して、「スタントマンはこんなに凄いんですよ」ということを発信してくれたことが、地位向上に貢献していますね。

ーもし、本作の続編を坂本監督がメガホンを取るとしたら、どんな作品にしたいですか?

坂本監督: 1作目は義足の女性ヒットマンが出てきてアクロバティックな戦いを展開しましたが、2作目はイギリス紳士とアメリカのカウボーイの組み合わせ。これって、状況やカルチャーのギャップを楽しむ、という考え方が根底にあるような気がします。ガジェットなんかも、アメリカ側は野球のボールやバットだったり、ジャックナイフだったりするじゃないですか。多分、日本なら手裏剣や十手とかなんでしょうね。環境の違うものと対峙した時に生まれるギャップが楽しさだと思うので、今度はアジアのスパイと戦うと面白いかな?という気がします。

ー最後に、坂本監督の視点で「こういったシーンをじっくり見てほしい」というところがありましたら教えてください。

坂本監督:技術的な面でいえば、終盤のダイナーで繰り広げる1対2のアクションですね。あのシーンは、ワンカットで撮っているように見せていますが、どこまで技術でつないでいるんだろう?というのを何度もチェックして、ぜひ、自分なりに検証してもらいたいですね。アクションの監督を目指している方にとっては凄く勉強になると思います。(取材・文・写真:坂田正樹)

 映画『キングスマン:ゴールデン・サークル』は、デジタル好評配信中。ブルーレイ&DVDは、4月6日発売。アクションシーンなどのメイキングも特典映像として収録される。

関連記事(外部サイト)