『コンフィデンスマンJP プリンセス編』詐欺師だらけの予告編解禁 ヒゲダン主題歌も初披露

『コンフィデンスマンJP プリンセス編』詐欺師だらけの予告編解禁 ヒゲダン主題歌も初披露

映画『コンフィデンスマンJP プリンセス編』代表カット(C)2020「コンフィデンスマンJP」製作委員会

女優の長澤まさみ、俳優の東出昌大、小日向文世が共演する、ドラマ『コンフィデンスマンJP』の映画化第2弾『コンフィデンスマンJP プリンセス編』より、シリーズ史上最大となる23名のキャストが勢ぞろいする予告編と特報第2弾が解禁された。Official髭男dismが手掛ける主題歌「Laughter」も初披露されている。

 本作は、2018年4月期に放送された月9ドラマ『コンフィデンスマンJP』(フジテレビ系)の映画化第2弾。長澤が美しきコンフィデンスウーマン・主役のダー子を、東出が真面目で小心者の若きコンフィデンスマン・ボクちゃんを、小日向が百戦錬磨のコンフィデンスマン・リチャードを演じる。

 『プリンセス編』と題された本作では、マレーシアにある「ランカウイ島」を舞台に、世界有数の大富豪一族・フウ家の当主、レイモンド・フウが残した10兆円の遺産をめぐり、ダー子らおなじみの面々が史上最大のコンゲームを仕掛ける。

 解禁された予告編は、「相続するのは、ミシェル・フウ。私よ!」と語る長澤の力強い表情からスタート。つづいて「シンガポールのウルトラスーパーリッチ、レイモンド・フウ。私たち史上ダントツ最大のオサカナよ!」と告げる長澤の笑顔をはさみ、舞台となる伝説の島「ランカウイ島」に続々と集まる有名人、大富豪、そして最悪の刺客たちの姿が。本作から出演する関水渚、ビビアン・スー、白濱亜嵐、古川雄大、柴田恭兵、北大路欣也ら新キャストのほか、前作『ロマンス編』で最重要キーマンであるスタア演じた竹内結子、天才恋愛詐欺師:ジェシーを演じた三浦春馬、SPドラマ『運勢編』でリチャードを騙しかけたハニートラッパー:韮山波子を演じた広末涼子、ダー子たちの宿敵:赤星栄介を演じる江口洋介、さらにはドラマ版でダー子たちと争った大物から、ダー子のおなじみの子猫ちゃんまで、そうそうたるキャストが続々登場、まさに“詐欺師が大集合”する。映像の終盤には“物語は、完結へ”という意味深な文字が現れ、かつてない危機に追いつめられたダー子の叫び声が響き渡る。

 また、『ロマンス編』に引き続き主題歌を担当するOfficial髭男dismによる書き下ろし新主題歌「Laughter」も初披露。『プリンセス編』の名にふさわしい、大スぺクタクルを感じさせる予告映像となっている。

 『コンフィデンスマンJP プリンセス編』は、5月1日公開。

関連記事(外部サイト)