今夜の『麒麟がくる』長谷川博己、岡村隆史らと尾張に潜入し…

今夜の『麒麟がくる』長谷川博己、岡村隆史らと尾張に潜入し…

『麒麟がくる』第4回「尾張潜入指令」(C)NHK

俳優の長谷川博己主演のNHK大河ドラマ『麒麟がくる』(NHK総合/毎週日曜20時ほか)第4回が今夜放送される。第4回「尾張潜入指令」では、光秀(長谷川)が菊丸(岡村隆史)と共に尾張に潜入する。

 第59作目の大河ドラマとなる『麒麟がくる』は、応仁の乱の後、無秩序の乱世をおさめようと戦国の英雄たちが登場する中、美濃の地で台頭する明智光秀の半生を描く。主演の長谷川のほか、木村文乃、門脇麦、西村まさ彦、川口春奈、堺正章、本木雅弘らが脇を固める。脚本は池端俊策。

 前回の第3回「美濃の国」では、夫を亡くした帰蝶(川口)が、光秀(長谷川)らと気の置けないひと時を過ごす一方、内心は道三のことを嫌う土岐頼芸(尾美としのり)が、道三の長男・高政(伊藤英明)に、自分が実の父親であるかのようにほのめかす姿が描かれた。

 今川との戦いで、道山のライバルである尾張の織田信秀(高橋克典)は瀕死の重傷を負う。その知らせを受け、道三(本木)は妻の治療を終え今度は尾張へ向かうという東庵(堺)に、天敵・信秀の容体を秘密裏に探るように命じ、その目付け役に光秀(長谷川)を任命する。

 菊丸(岡村隆史)もお供に加わり、3人は尾張・古渡城へ潜入。信秀の情報をうまく聞き出すことに成功するが…。

 NHK大河ドラマ『麒麟がくる』第4回「尾張潜入指令」は、総合テレビにて2月9日20時、NHK BSプレミアムにて18時、BS4Kにて9時より放送。

関連記事(外部サイト)