今夜の『絶対零度』 沢村一樹、猟奇殺人犯を調べるうち意外な真相にたどり着く…

今夜の『絶対零度』 沢村一樹、猟奇殺人犯を調べるうち意外な真相にたどり着く…

『絶対零度〜未然犯罪潜入捜査〜』第6話場面写真(C)フジテレビ

俳優の沢村一樹が主演を務める月9ドラマ『絶対零度〜未然犯罪潜入捜査〜』(フジテレビ系/毎週月曜21時)の第6話が今夜10日放送。第6話では、井沢(沢村)が猟奇殺人犯を調べるうちに、意外な真相にたどり着く。

 本作は、あらゆるビッグデータから予測された犯罪を未然に阻止する、未然犯罪捜査班(通称:ミハン)の活躍を描く刑事ドラマ。新シリーズでは沢村をはじめ、横山裕、本田翼が続投し、水野美紀、高杉真宙、柄本明らが共演する。

 超進学校に通う17歳の高校生・浅井航が、美術館で出会った26歳の専業主婦・松永由貴を殺害した上に、遺体をバラバラにしたという世間を騒然とさせたセンセーショナルな事件が起こった。

 何としても井沢範人(沢村)をミハンチームから追い出したい、公安部部長の曽根崎正人(浜田学)が、既に起こった事件をなぜミハンシステムが探知しなかったのか、リーダーである井沢に責任があると責める。

 ミハン統括責任者の香坂朱里(水野)は、航が逮捕されているにも関わらず、この事件を調べ直すことをチームに提案。井沢らは、既に起きてしまった事件を捜査することに。

 井沢らは、精神科医に扮し、航の精神鑑定を行う。全国模試で1位を取るほどの秀才・航は、井沢の問いに対し、「そんな鑑定で、僕の心が見えるんですか」など挑発的な態度を取る。さらに、動機を問われると「人を殺してみたかった」と告白。航は、由貴の遺体を処理する際、血痕を消すなど完全に証拠隠滅をし、偽装工作を図ったものの、決定的な証拠となった由貴が航のマンションに入っていく際の防犯カメラの映像に関しては、まるで注意を払っていなかった。

 彼はただの猟奇殺人犯なのか―。航と由貴の間には何があったのか。井沢と航の対決、潜入捜査で次第に明かされていく航の本性。やがて、ミハンは意外な真相にたどり着く―。

 『絶対零度〜未然犯罪潜入捜査〜』第6話は、フジテレビ系にて今夜2月10日21時より放送。

関連記事(外部サイト)