白石麻衣、告白は「勇気出して言うのがケジメ」→千葉雄大「こういう面を『武士』と呼んでる」

白石麻衣、告白は「勇気出して言うのがケジメ」→千葉雄大「こういう面を『武士』と呼んでる」

映画『スマホを落としただけなのに 囚われの殺人鬼』公開直前イベントに登場した白石麻衣、千葉雄大 クランクイン!

乃木坂46の白石麻衣と俳優の千葉雄大が12日、都内で行われた映画『スマホを落としただけなのに 囚われの殺人鬼』の映画公開直前イベントに出席。恋愛意識調査への白石の回答を千葉が絶賛した。

 同作は2018年11月に公開され大ヒットを記録した映画『スマホを落としただけなのに』の第2弾。前作で事件を解決に導きながらも、恋人にさえ言えない秘密を抱えた刑事・加賀谷を千葉、加賀谷の恋人で、新たな事件に巻き込まれていくヒロイン・美乃里を白石が演じる。

 テレビ番組に出演するなど、映画のPR活動も多い2人。コンビネーションを千葉は「これはエゴサーチの結果なんですけど、僕たちのやり取りがお見合いみたいって言ってる方がいて。撮影が終わってしばらく経って、宣伝も一緒にさせていただいてますけど、初々しさを忘れずにやっていけてます」と明かした。

 そこで白石は「千葉さん、って呼んでるんですけど、なくしていきたいと思って」と呼び名を変えることを提案。千葉も「現場では白石さん、って呼んでましたけど、裏ではまいやんって呼んでました」と暴露し、お互いに「ばーちー」「まいやん」と呼び合うことに。2人の初々しさにMCから「お2人とも少し人見知りですか?」と尋ねられると、千葉と白石は「はい…」と声を合わせていた。

 イベントではアンケート集計機を使い、会場に集まった観客とスマホやSNSの意識調査を実施する一幕も。SNSで告白するorされるのはアリ?という質問に白石はNOと回答し、「文字だったら誰でも打てるっていうか、気持ちが分からないので、相手の瞳を見て言ってほしいな、とは思います」と持論を語った。

 自分で告白する場合はどうかと尋ねられると「直接言うのが一番かなと思います。そこは多分、男でも女でも勇気出して言うのがケジメかなと思うので」ときっぱり。千葉は「こういうとこいいですよね。こういう一面を『武士』って呼んでるんです(笑)」と白石を絶賛していた。

 映画『スマホを落としただけなのに 囚われの殺人鬼』は、2月21日公開。

関連記事(外部サイト)