成田凌、男優主演賞で周囲へ感謝「個人的な喜びが湧いてこない」

成田凌、男優主演賞で周囲へ感謝「個人的な喜びが湧いてこない」

第74回毎日映画コンクールに登場した成田凌 クランクイン!

「第74回毎日映画コンクール」の表彰式が13日、神奈川・ミューザ川崎シンフォニーホールにて行われ、俳優の成田凌、女優のシム・ウンギョン、ロックバンドのRADWIMPSらが出席。男優主演賞を受賞した成田は「個人的な喜びというものがなかなか湧いてこない」と、周囲への感謝の思いを表現した。

 同コンクールは、日本の映画産業の振興に寄与し、国民に映画の楽しさを広く伝えることを目的に毎日新聞社とスポーツニッポン新聞社によって創設された映画賞。演技、作品はもちろん、撮影や美術、録音などのスタッフ、日本映画を代表する名女優・田中絹代の名を冠する賞など、幅広い部門を設けていることが特徴となっている。

 成田は「この『カツベン!』という作品でこの場に立てていることがうれしいです」と歓喜。そのうえで「正直、個人的な喜びというものがなかなか湧いてこない」として、「お世話になった方々の顔ばかりが浮かんできています」と周囲への感謝を述べた。続けて今後の役者としての目標を聞かれると「また周防(正行監督)作品に出られるようになりたいです」と力強く答えていた。

 また、『新聞記者』で女優主演賞を受賞したシムは「こんなに素敵な賞をいただけてとてもうれしいです。夢みたいですね。映画『新聞記者』の藤井監督、この映画に関わってくれたみなさんのおかげでこの場に立っています」と笑顔。「俳優としていつもいろいろ悩んでいますが、もっといい俳優になれるように謙虚に臨んでいきたいと思っています」と意気込み、演技については「撮影の前に上司役の北村有起哉さん、同僚役の岡山天音さんと一緒に新聞社を見学して、その時に記者さんの仕事をやっている姿を見させてもらったので、それを参考にしながら演じました」と明かした。

 RADWIMPSは音楽賞を受賞。ボーカルの野田洋次郎は「『天気の子』は公開の2年前から冒険が始まって、走り抜いた作品です」と映画『天気の子』を振り返った。

 さらに毎日映画コンクールについて「4年前新人賞をいただいた思い出深いコンクールで、光栄に思っています。また戻ってこられるように表現を頑張っていきたいと思います。18年ほどやっている本職なので、こっちで呼んでもらえるのは本当にうれしいです」と4年前に俳優として表彰されたことをしみじみと思い返していた。

「第74回毎日映画コンクール」受賞一覧は以下の通り。

日本映画大賞 『蜜蜂と遠雷』 石川慶監督
日本映画優秀賞 『新聞記者』 藤井道人監督
外国映画ベストワン賞 『ジョーカー』ワーナーブラザースジャパン 土合朋宏氏
男優主演賞 成田凌『カツベン!』
女優主演賞 シム・ウンギョン『新聞記者』
男優助演賞 吉澤健『凪待ち』
女優助演賞 池脇千鶴『半世界』
スポニチグランプリ新人賞 鈴鹿央士『蜜蜂と遠雷』
スポニチグランプリ新人賞 関水渚『町田くんの世界』
田中絹代賞 風吹ジュン
監督賞 石川慶『蜜蜂と遠雷』
脚本賞 阪本順治『半世界』
撮影賞 クリストファー・ドイル『ある船頭の話』
美術賞 磯田典宏『カツベン!』
音楽賞 RADWIMPS(野田洋次郎 桑原彰 武田祐介)『天気の子』
録音賞 藤本賢一『半世界』
アニメーション映画賞 『海獣の子供』渡辺歩監督
大藤信郎賞 『ある日本の絵描き少年』川尻将由監督
ドキュメンタリー映画賞 『えんとこの歌 寝たきり歌人・遠藤滋』伊勢真一監督
TSUTAYA プレミアム映画ファン賞 日本映画部門 『凪待ち』白石和彌監督
TSUTAYA プレミアム映画ファン賞 外国映画部門 『ジョーカー』ワーナーブラザースジャパン 土合朋宏氏
特別賞 宮本まさ江(衣装)

関連記事(外部サイト)