山崎賢人×松岡茉優『劇場』ポスター解禁 King Gnu・井口理ら追加キャストも発表

山崎賢人×松岡茉優『劇場』ポスター解禁 King Gnu・井口理ら追加キャストも発表

映画『劇場』本ポスタービジュアル(C)2020 「劇場」製作委員会

俳優の山崎賢人が主演を務め、女優の松岡茉優が共演する又吉直樹原作で行定勲監督最新作『劇場』より、山崎と松岡の切ない表情を捉えた本ポスター画像が解禁。併せて、追加キャストとして、ロックバンドKing Gnuのボーカル井口理、寛 一 郎、伊藤沙莉、浅香航大、上川周作、大友律、三浦誠己が出演することが発表された。

 本作は、又吉直樹が芥川賞受賞作品の『火花』より前に書き始めていた、作家の原点とも言える恋愛小説『劇場』(新潮社)を映画化。主人公の不器用な劇作家・永田を山崎が、彼に恋をして必死に支えようとする沙希を松岡が演じ、恋愛における幸せと背中合わせのどうしようもない葛藤や矛盾を描き出す。

 中学からの友人と立ち上げた劇団「おろか」で脚本家兼演出家を担う永田(山崎)。しかし、前衛的な作風は上演ごとに酷評され、客足は伸びず劇団員からも見放されてしまう。解散状態の劇団という“現実”と演劇に対する“理想”の狭間で悩む永田は、言いようのない孤独を感じていた。そんなある日、永田は街で、自分と同じスニーカーを履いている沙希(松岡)を見かけ声をかける。

 突然の出来事に沙希は戸惑うが、様子がおかしい永田を放っておけなく一緒に喫茶店に入る。女優になる夢を抱き上京し、服飾の大学に通っている学生・沙希と永田の恋はこうして始まった。常に演劇のことだけを考え、生きることがひどく不器用な永田を、沙希は「よく生きてこれたね」と笑い、「一番安全な場所だよ」と自宅に迎えて一緒に暮らし始める。沙希は永田を応援し続け、永田もまた自分を理解し支えてくれる沙希に安らぎを覚えるが、理想と現実との間を埋めるようにますます演劇に没頭していき…。

 今回解禁された本ポスター画像は、山崎と松岡それぞれの切ない表情と、2人の仲睦まじい姿を捉えた画像を配置したもの。下部にある「夢を追う永田と彼を信じる沙希の、生涯忘れることができない恋」というコピーや、タイトルロゴの後ろでクロスする赤と青のラインが、互いに想いあいながらもすれ違ってしまう2人の未来を暗示しているようで、何とも言えない哀愁を漂わせたものとなっている。

 さらに山崎、松岡の脇を固めるキャスト陣も一挙解禁。永田と中学時代からの友人で共に劇団「おろか」を立ち上げる野原に寛 一 郎、劇団「おろか」の元団員で永田と仲たがいするものの、友人として彼を心配し続ける青山に伊藤沙莉、劇団「まだ死んでないよ」の団員で沙希のバイト先の居酒屋の仲間・田所に浅香航大、永田と同じ年にして、今注目の劇団「まだ死んでないよ」を主宰する小峰にKing Gnuのボーカル井口理が扮する。ほかにも、上川周作、大友律、三浦誠己など多彩な顔ぶれが集結した。

 映画『劇場』は4月17日より全国公開。

関連記事(外部サイト)