ダコタ・ファニングが自閉症の少女を演じるハートフル映画公開

ダコタ・ファニングが自閉症の少女を演じるハートフル映画公開

『500ページの夢の束』場面写真(C)2016 PSB Film LLC

 ダコタ・ファニング主演最新作『PLEASE STAND BY(原題)』が、邦題を『500ページの夢の束』として全国公開されることが分かった。併せて、ダコタ扮する主人公が、愛犬と旅する模様などを収めた場面写真が解禁された。

 本作は、『JUNO/ジュノ』『マイレージ、マイライフ』を手掛けたダニエル・ダビッキと、『マネーモンスター』のララ・アラメディンがプロデューサーを務めるハートフル・ストーリー。『スター・トレック』が大好きで、その知識では誰にも負けないウェンディの趣味は、自分なりの『スター・トレック』の脚本を書くこと。ある日、『スター・トレック』脚本コンテストが開催されることを知った彼女は渾身作を書き上げるが、郵送では締切に間に合わないと気付き、愛犬のピートと一緒に、ハリウッドまで数百キロの旅に出ることを決意する。500ページの脚本と、胸に秘めた“ある願い”を携えて…。

 ウェンディを演じるのは、7歳で映画デビューを果たし、『I am Sam アイ・アム・サム』『宇宙戦争』で天才子役として一躍世界にその名を知らしめたダコタ。本作では、『スター・トレック』に関して並外れた知識を持つ、自閉症を抱える少女を、繊細かつ豊かな表現力で演じている。ウェンディを支えるソーシャルワーカー・スコッティを『シックス・センス』『リトル・ミス・サンシャイン』のトニ・コレット、ウェンディを大切に想いながらも離れて暮らし、複雑な感情を抱く姉・オードリーに、『スター・トレック イントゥ・ダークネス』のアリス・イヴがキャスティングされている。監督は『セッションズ』のベン・リューインが務める。

 併せて解禁された場面写真には、愛犬ピートを抱き、決意を込めた表情で前を見据えるウェンディや、誰にも知らせず一人旅に出たウェンディを探すスコッティ、そしてオードリーらの姿が収められている。

 映画『500ページの夢の束』は、9月7日より全国公開。

関連記事(外部サイト)