アニメ『イエスタデイをうたって』坂本真綾&鈴木達央ら追加キャスト発表 ボイス付き映像も

アニメ『イエスタデイをうたって』坂本真綾&鈴木達央ら追加キャスト発表 ボイス付き映像も

アニメ『イエスタデイをうたって』追加キャスト発表ビジュアル(C)冬目景/集英社・イエスタデイをうたって製作委員会

テレビ朝日の新・深夜アニメ枠「NUMAnimation」で4月4日より放送される『イエスタデイをうたって』より、声優の坂本真綾、鈴木達央ら追加キャストが一挙に解禁され、メインキャラの声が聞けるトレイラームービーも公開された。

 本作は、1998〜2015年にビジネスジャンプ、グランドジャンプ(集英社刊)で連載された、冬目景による同名漫画のテレビアニメ化作品。「愛とはなんぞや?」をキーワードに、“49%うしろ向き、51%まえ向きに生きる日常のものがたり”が描かれた群像劇で、監督は藤原佳幸、キャラクターデザインと総作画監督は谷口淳一郎、制作はDMM.futureworksが担当する。

 原作連載中の2002年頃をベースにしたアニメでは、20年前の“新宿にほど近い私鉄沿線の小さな街”という原作の設定から下北沢駅〜松原駅周辺が舞台となっており、公衆電話やカセットテープなど懐かしいアイテムが登場する。藤原監督は、「人間関係の距離感とか、緊張感を丁寧に追いかけていくタイトルなので、一つのシチュエーションに追い込むためには段取りを踏まないといけない。人とどうなりたいのか、そういう時に、自分は何にストレスを感じるのかを丁寧に抽出していった結果、今回のような構成になりました」とコメントしている。

 すでにメインキャストとして小林親弘、宮本侑芽、花澤香菜、花江夏樹の出演が発表されているが、この度、狭山杏子役の坂本真綾、木ノ下役の鈴木達央、柚原チカ役の喜多村英梨をはじめ、小野友樹、名塚佳織、堀江瞬、寺島拓篤、洲崎綾、前川涼子ら追加キャストが一挙に解禁された。

 そして、主題歌を4人組ロックバンド・ユアネスが担当することも決定。ユアネスがアニメ作品へ楽曲を提供するのは今作が初となる。なお、群像劇という作品スタイルにちなんで、主題歌は複数のアーティスト起用が予定されている。

 テレビ朝日の深夜アニメ『イエスタデイをうたって』は、4月4日より毎週金曜日25時30分放送。

関連記事(外部サイト)