今夜の『絶対零度』 佐藤江梨子が入手した毒物の目的は? 沢村一樹らミハンが調査すると…

今夜の『絶対零度』 佐藤江梨子が入手した毒物の目的は? 沢村一樹らミハンが調査すると…

『絶対零度〜未然犯罪潜入捜査〜』第7話場面写真(C)フジテレビ

俳優の沢村一樹が主演を務める月9ドラマ『絶対零度〜未然犯罪潜入捜査〜』(フジテレビ系/毎週月曜21時)の第7話が今夜17日放送。第7話では、女優の佐藤江梨子が危険な毒物を入手した大手フィットネスクラブ社長役で出演し、井沢(沢村)らミハンが調査する。

 本作は、あらゆるビッグデータから予測された犯罪を未然に阻止する、未然犯罪捜査班(通称:ミハン)の活躍を描く刑事ドラマ。新シリーズでは沢村をはじめ、横山裕、本田翼が続投し、水野美紀、高杉真宙、柄本明らが共演する。

 井沢(沢村)たちは、大手フィットネスクラブの社長・仁科紗耶香(佐藤)を危険人物として捜査する。紗耶香は、5年前に起きた強盗殺人事件で社長だった夫の輝幸(青戸昭憲)を殺され、自身も瀕死の重傷を負った被害者だった。輝幸の死後、会社を引き継いだ紗耶香は、着実に業績を伸ばして経営者としての才能を発揮していたが、最近、密かに検出されない危険な毒物を手していた。

 井沢はスポーツインストラクターとして、山内(横山)と小田切(本田)もジムの会員として潜入捜査を始める。最初に捜査線上に浮んだのは、紗耶香の会社が所有する実業団チームでコーチを務める辰巳(阿部亮平)だ。辰巳は、紗耶香を脅迫し金銭を要求していた。しかし、調査を進めると、彼は男気のある性格で、お金にも困っていないことがわかる。一方、山内たちは、紗耶香の秘書・江波(本宮泰風)が格闘技経験者であることを見抜く。彼女のターゲットは一体誰なのか。

 そんな中、新たな人物が紗耶香に接触する。それは科学捜査研究所の主任研究員・真鍋(宮川一朗太)だった。真鍋は、どんな手間も惜しまず被害者のために真実を追究する人物で、これまでに数々の難事件を解決に導いていた。そして彼は、輝幸と紗耶香が襲われた5年前の事件も担当していたことがわかり…。

 謎が謎を呼ぶ展開の中、紗耶香が殺害を狙った意外な人物とは―?

 『絶対零度〜未然犯罪潜入捜査〜』第7話は、フジテレビ系にて今夜2月17日21時より放送。

関連記事(外部サイト)