永野芽郁の秘密カミングアウトに坂口健太郎「…内緒にしてましたっけ?」

永野芽郁の秘密カミングアウトに坂口健太郎「…内緒にしてましたっけ?」

映画『仮面病棟』ジャパンプレミアに登場した坂口健太郎、永野芽郁 クランクイン!

俳優の坂口健太郎、女優の永野芽郁、内田理央が17日、都内で開催された映画『仮面病棟』ジャパンプレミアに出席。物語にちなみ、自身の秘密を明かすことになった永野は「スカイダイビングがしてみたい」と壮大な願望を明かした。

 現役医師にして作家の知念実希人による同名ベストセラー小説を映画化した本作は、仮面の凶悪犯に占拠された病院を舞台に、一夜限りの当直医・速水秀悟(坂口)と、凶悪犯に撃たれた女子大生・川崎瞳(永野)が、病院から脱出を試みる中で、不可解な出来事に次々と遭遇する様を描く。この日は共演した大谷亮平、高嶋政伸、木村ひさし監督も出席した。

 イベントでは映画の内容にちなみ、登壇者がこれまで明かしてこなかった秘密をカミングアウトすることに。永野は「スカイダイビングがしてみたい」と告白し「内緒にしてた。したいってこと」とニッコリ。坂口が「そんなに内緒にしてましたっけ?」と投げかけると、永野は「言ってないじゃないですか。坂口さんにも。バンジージャンプは言ったかも。スカイダイビングは言ってないです(笑)」と、「飛ぶこと」に興味津々な様子だった。

 一方の内田は「ほぼ床で寝てる」と明かし「美容に気を付けているみたいなことを言っているんですけど、毎日ほぼ床で寝ちゃってますって感じです」と自虐。「床暖(房)がある季節なので、毎日床で寝ちゃって。すごく腰が痛くって、困っています(笑)」と続け「床LOVEってわけじゃないんですけど、ベッドで寝たい気持ちは、眠気でどこかにいってしまって。床暖の上で、朝カラッカラで起きます」と白い歯を見せた。

 自身の秘密を聞かれた坂口は「帰京日を延ばした」と返答。「よくご飯を食べに行ってて。そこでエキストラの方だったり、北九州フィルムコミッションの方と。すごくお世話になったので、1日延ばして。最後、皆さんスタッフ陣で飲んで帰った」と本作の打ち上げを行ってから、東京に戻ったことを笑顔で振り返っていた。

 映画『仮面病棟』は3月6日より公開。

関連記事(外部サイト)