松岡昌宏『家政夫のミタゾノ』第4シリーズ放送決定 新メンバーに飯豊まりえ

松岡昌宏『家政夫のミタゾノ』第4シリーズ放送決定 新メンバーに飯豊まりえ

金曜ナイトドラマ『家政夫のミタゾノ』(2020年4月期)ビジュアル(C)テレビ朝日

TOKIOの松岡昌宏が女装した家政夫役で主演を務めるドラマ『家政夫のミタゾノ』の第4シリーズが、テレビ朝日系にて4月より毎週金曜23時15分に放送されることが決まった。

 本シリーズは、女装した大柄な家政夫・三田園薫(通称ミタゾノさん)が、派遣された家庭・家族の内情をのぞき見し、そこに巣食う“根深い汚れ”までもスッキリと落としていく痛快“のぞき見”ヒューマンドラマ。2016年10月期にスタートし、2018年4月期に第2シリーズ、2019年4月期に第3シリーズが放送された。

 第4シリーズも、ミタゾノとともに行動する若き家政夫・村田光役でHey! Say! JUMPの伊野尾慧が引き続き出演。第3シリーズのラストで「アイドルを目指す」と宣言した光は、休日にダンスレッスンにいそしむ傍ら、ちょっぴり腰掛け気味に家政夫業も続けている。

 そして今作から、飯豊まりえが新しく「むすび家政婦紹介所」の家政婦として加入。飯豊が演じるのは、人間観察が趣味で、覗かずして依頼人の人間性を見抜いてしまう新人家政婦・霧島舞。忖度と嘘が苦手で、笑顔のまま歯に衣着せぬ物言いをし、思いもよらぬトラブルを巻き起こしてしまうことも。これまでに出会ったことのないタイプのミタゾノに興味を示し、その禁断の秘密に迫ろうと試みる。飯豊は松岡とは2019年放送の『必殺仕事人』でも共演している。

 主演の松岡は「ミタゾノが始まってからの4年間、常にミタゾノのことは頭にありますね。先日も夢でドラマの撮影をしていました(笑)。普段の生活でも、何かが起きたり、ニュースを見たりしていても、『あ、これミタゾノの題材として使えるんじゃないかな』『ミタゾノだったらこうやって解決するんじゃないかな』って考えたり…。芝居に取り入れられるように、携帯にメモしたりしています」と話す。

 ミタゾノのメークについては「シリーズ重ねるごとにだんだん無駄なものは省いていっているので、だいぶ早くなりましたよ(笑)。最初はアイシャドーやラメも入れていたんですけど、誰にも気づかれないからやめちゃいました! 今のミタゾノは“ナチュラルメイク”です」と明かしている。

 飯豊は「今日初めて“生ミタゾノさん”にお会いしたのですが、すっごく綺麗ですよね! 迫力もあってびっくりしました(笑)。初めての家政婦役ですし、出来上がったチームに入っていくのはいつも緊張しますが、早く溶け込めるよう自分なりに頑張りたいです」と意気込んでいる。

 金曜ナイトドラマ『家政夫のミタゾノ』はテレビ朝日系にて4月より毎週金曜23時15分放送。

関連記事(外部サイト)