今井翼、今後の仕事に意欲「新しい今井翼に出会っていきたい」

今井翼、今後の仕事に意欲「新しい今井翼に出会っていきたい」

ハワイ州観光局「サーフィン」記者発表会に登場したすみれ、今井翼 クランクイン!

俳優・タレントの今井翼が18日、都内で行われたハワイ州観光局「サーフィン」記者発表会に出席。今月ふたたび舞台に立ち、リスタートを切った今井は「これからもチャレンジングに、新しい今井翼に出会っていきたい」と今後への意欲を見せた。

 今年の東京オリンピックで正式種目となったサーフィンを通じて、さまざまな活動を展開するハワイ州観光局。発表会にはスペシャルゲストとして、今井と共に女優・歌手のすみれ、日本人サーフィンのレジェンドである脇田貴之氏も登壇した。

 ハワイが起源となるサーフィン。発表会冒頭では、ハワイ州観光局親善大使に任命されたプロサーファーの五十嵐カノア選手がskypeでサプライズ登場。東京オリンピックで最も注目される選手の一人となる五十嵐選手だが、「2020年は大切な年。一番の目標は金メダルをとること」と笑顔で語った。

 続いてスペシャルゲストとなる今井とすみれが登場。7歳からハワイに住んでいるすみれは、ハワイについて「本当にみんなハッピー。歩くパワースポットみたいな人が多い」と満面の笑顔。いっぽう中学生の時に初めてハワイを訪れてからハワイの虜だという今井も、10年以上前から年に3〜4回行っていると言い「去年は4回ハワイに行って、英気を養いました。その地にいるだけで浄化されて、リラックスできて特別な島。舞台を終えたばかりなので、またハワイに帰りたい」と吐露した。

 さらに、いつもは親友と行くという今井だが、「最近一人ハワイの楽しさを覚えて、料理も好きなので現地で食材を買って、自炊も楽しんでいる」と告白。「ハワイって嫌なことがまったくない。雨が降ったら虹が出るし、ノースショアの方へ行くと夜空に星が見えたり。日本人のみなさんにとって、ご褒美となる場所だと思う」とハワイの魅力について熱弁をふるった。

 今月舞台に立ち、仕事でリスタートを切った今井。これからやりたいことを聞かれると「身体を資本としながら、ずっと現役でやっていきたいので、チャレンジングに僕自身新しい今井翼に出会っていきたい」と語り、今年は「ぜひサーフィン、フラダンスにも挑戦したい」と意欲を見せていた。

関連記事(外部サイト)